じまのいぶくろまっちょ


今年もたくさん食べるよ!
by zima_555
カテゴリ
じぶんごはん
そとごはん(渋谷)
そとごはん(代官山・中目黒)
そとごはん(青山・表参道)
そとごはん(銀座・有楽町)
そとごはん(六本木・麻布・広尾)
そとごはん(自由が丘)
そとごはん(池袋)
そとごはん(新宿)
そとごはん(目黒・武蔵小山)
そとごはん(学芸大学)
そとごはん(恵比寿)
そとごはん(その他)
そのた
おんがく
えいが
りょこう
以前の記事
お気に入りブログ
その他のブログ
食べログの「ブログランキング」にも参加しています!
食べログ グルメブログランキング

カテゴリ:りょこう( 19 )

奈良と京都

GWは奈良と京都へ夫婦で旅行。
2泊3日。はじめの2日間は奈良。
最終日は京都を観光。
毎日晴れて、とてもすてきな旅行になりました。
f0014355_23592483.jpg

初日は東大寺と興福寺。
東大寺の金剛力士像と興福寺北円堂の無著の木像に感激でした。
f0014355_014029.jpg

二月堂ではお茶屋でおはぎとお薄。
ちょっと疲れた体に甘いものがしみます。
f0014355_022523.jpg

季節柄、子供が多かった。

2日目は法隆寺と唐招提寺へ。
法隆寺は広いですなー。
唐招提寺は金堂の大修理中ということで、お目当てのものは観れず。
f0014355_011228.jpg

しかし、瓊花(けいか)という鑑真和上の故郷・江蘇省揚州市の名花が公開されており、白くとても美しい花が見頃を迎えていました。

3日目は京都へ。
まずは哲学の道へ。
f0014355_0142868.jpg

桜はだいぶ散っていましたが、いくつかまだ花をつけている木がありました。
f0014355_0155277.jpg

とても暖かくて、犬も爆睡。
f0014355_0163784.jpg

哲学の道を通って、南禅寺へ。
水道橋に魅了されました。

またしばらく歩いて鴨川へ。
f0014355_0193768.jpg

犬も散歩日和。

f0014355_017581.jpg

バスに乗って嵐山へ。
久しぶりに渡月橋を渡り、河原でビール。
しかし、350mlを500円とぼったくられ、少しブルー。
f0014355_0204815.jpg

その後は大好きな常寂光寺へ。
相変わらずお庭が静かです。

ここで京都はタイムアップ。
駅でお漬け物と晩ご飯を買い込み一路東京へ。
f0014355_0224364.jpg

やっぱり晩ご飯は551でした。

ということで、次回は京都と奈良で食べたおいしいものをお送りします。
[PR]
by zima_555 | 2008-05-07 00:24 | りょこう

スペイン&ロンドンの旅 その4

○10月21日/日曜日/この日はさらに快晴
この日もお義姉さんご家族にお世話になり、車でピックアップしていただいてウィンザー城へ。
ウィンザー城は現在もロイヤルファミリーが使っているロンドン郊外のお城。
半分を開放して一般公開している。
うーん。規模がデカイ。そしていたるところに絵があり、レンブラントやファン・ダイクなんかがあったりした。すごい。
所有している食器などもあるが、これもまた古いものから新しいものまで沢山あってすごい。
ロンドン市内は車がバンバン走っていて空気が悪いのだが、ここまで郊外に来るととても空気が良くて気持ちいい。
ウィンザー城の中もすごかったのだが、もっとすごかったのがお城の裏手にあるどこまでも続くKings Load。
お義姉さんが
「ツアーのほとんどが中と表しか見ないけど、どっちかっていうとこの裏道の方が見る価値あるのよ。」
と言っておられました。本当です。素敵過ぎます。この風景は。日本と同じ島国なのになぁ。
f0014355_22514256.jpg
f0014355_22515642.jpg

その後、しばらくドライブをして甥っ子君をピックアップしてランチへ。
場所はよくわからないのですが、とてもおいしいイタリアンをいただきました。
日本でもなかなかないレベルの高いパスタ。イギリスにもおいしいところあるんじゃん。
BUFFALOというお店です。
お腹いっぱいになった後、食後のケーキを隣のお店で購入し、甥っ子君が通う私立中学校を案内してもらってからお義姉さんのご自宅へ。
中学校は郊外にあるということで、広い芝の校庭やレンガで造られた伝統的な校舎。
いやはや、日本の狭い学校とは違いますね。
けれど、彼に
「ねえ、これだけ広いと授業と授業の間の時間(授業の移動時間)って長いの?」
と聞いたところ
「15分くらいだから走るよ。」
とのこと。
日本の郊外の大学みたいですね。
お義姉さんのお宅は古いおうちでしたが、広い庭があって、天井が高くて、とても住みやすそうなお宅でした。
お庭を眺めていると、どこからともなくリスがやってきたり。
飼っている猫ちゃんとも遊べたし。
なかなか旅行では現地に住む人のお宅へは遊びに行けないもの。とても良い経験でした。
帰りはピカデリーサーカス付近まで送っていただき、だんなと二人で晩御飯。
ロンドンに来てパブに入ったことがなかったので晩御飯はビールとフィッシュ&チップス。
3皿ほど頼んだら、とんでもない量が出てきてびっくり。ヘビーだしおいしくない。
ラストの晩御飯がこれかー!!!!ガックシ。

○10月22日/月曜日/曇天
この日は買い物に走る。
友達や妹に頼まれたサッカーのユニフォームを買いにピカデリーサーカス付近でうろうろ。
紅茶を買いにデパートをうろうろ。全てが高い。。。
とりあえず、なんとか予定のものは購入しました。
ランチはカフェでサンドウィッチ。
サンドウィッチはスペインよりロンドンの方が断然おいしい。あたりまえか。
それにしても、イギリス人も外で食事をするのが好きみたいだ。
この日の気温は多分一桁だと思うぞ?私達はまったく外で食べる気にならないのに、お店のテラス席はいつも人でいっぱい。
多分、体のつくりが違うのだな。
そういえば日本でも真冬にスタバのテラス席でお茶のんでるのは外国人ばかり。なるほど。。。

午後は大英博物館へ。ここもタダ。
それにしても、すごい量の展示品。
エジプト、ギリシャから南米の古代インカ帝国あたりの金品やミイラまで・・・。
これ全てが自国以外の国から持ってきたものだよなー。
展示品自体はすごいと思うが、それよりも平気でそれを「大英」と名づけた博物館で展示してしまうイギリスっていう国がもっとすごいと思う。違う意味で。

ということで、時間もなかったので2時間ほどで足早に大英博物館を去り、ホテルへ。
早めにヒースローに到着し、荷物を預け残った小銭をかき集めてスタバでカフェモカを買うも薄くてぬるくてまずかった。
やっぱり、日本ってすばらしいと感じました。

と、こんな感じで12日間の新婚旅行は終わったわけです。
最後の最後で変な感想でしたが、とても盛りだくさんで充実した旅行となりました。

4回の旅行レポート、お付き合いありがとうございました。
[PR]
by zima_555 | 2007-11-11 23:03 | りょこう

スペイン&ロンドンの旅 その3

○10月17日/水曜日/快晴
午後はトレドの半日観光ということで、午前はソフィア王妃芸術センターと言うところに。

More
[PR]
by zima_555 | 2007-11-10 00:41 | りょこう

スペイン&ロンドンの旅 その2

○10月14日/日曜日/快晴
14時半にホテルにお迎えが来ると言うことで、それまで観光を。
ピカソ美術館とミロ美術館のどっちにいこうか悩んだが、結局ピカソへ。
スペインの偉大な画家ベラスケスの「ラスメニーナス」を模写しているが、その一連の習作は子供のお絵かきっぽくてかわいかった。
(美学美術史卒の人間の感想とは思えない・・・)
しっかし、ここまでデフォルメされちゃ、マルガリータちゃんもかわいそうな・・・
ダンナは
「ここまでラスメニーナスをデフォルメして描くってことは、過去の芸術をぶち壊したい気持ちもあったんじゃない?」
なんて言ってました。なるほど。そういう解釈もある。
この日のお昼は10年前にスペインに来たときにとてもおいしい覚えがあった「TapaTapa」というバルへ。
以前は庶民派バルという感じで、ショーケースに並べられたタパスを指で選んで頼んだのだが、なんだかお店もきれいになり、かなりチェーン化されている様子。
タパスもこじゃれた感じになり、日本語のメニューまで出てきた。
ちょっと拍子抜けな感じでメニューを見てると、店員がお勧めタパスをごり押ししてくる。
はっきり「それはいらない」と言って頼みたいものだけ頼む。
しかし、インスタントな味であまりおいしくなかった。
私の舌が肥えたのか、チェーン店化しておいしくなくなったのか。残念な結果であった。
その後、少し観光してからホテルへ戻り、ドライバーにピックアップされて空港へ。
そして、グラナダへ。
晩御飯を食べようと思ったら、この日は日曜日。
フロントの人にどこかレストランは知らないかと聞くも、日曜だから開いてるわけないじゃん的顔をされながらとりあえず店を教えてもらった。
開いているお店に入り、サラダとパエリアを頼むも普通のお味であった。
おやすみなさい。

More
[PR]
by zima_555 | 2007-11-05 00:44 | りょこう

スペイン&ロンドンの旅 その1

f0014355_2155279.jpg
戻ってまいりました。
といっても、先週の火曜日に戻ってきたのですが。

さて、今回の旅行のルートは・・・
JALにて成田からパリへ。その後、エールフランスでバルセロナ。
バルセロナで2日ほど過ごした後に、バルセロナからなつかしのイベリア航空でグラナダへ。
グラナダからマルベーリャ、セビリヤとバスで移動し、セビリヤからマドリッドまでは新幹線で移動。
マドリッドで3泊ほどしてから、ブリティッシュエアウェイズでロンドンへ。
ロンドンでまた3泊ほどしてJALで成田へ・・・
という12日の旅行。

今までの海外旅行はほとんどツアーだったのですが、今回は思い切って個人旅行。
たいして英語もできないくせに、いっちょまえにがんばってみました。
といっても、要所要所で現地観光や数日バスツアーなんかも入れているけど。

More
[PR]
by zima_555 | 2007-10-31 22:25 | りょこう

小浜島の旅 3日目

f0014355_12195021.jpg
10月2日

「小浜島の旅 3日目」と書いてありますが、最終日は朝早くフェリーに乗って小浜島を後にしました。
向かった先は「東洋のガラパゴス」西表島。
天然記念物の宝庫でございます。

続きはこちら
[PR]
by zima_555 | 2006-10-05 12:30 | りょこう

小浜島の旅 2日目

f0014355_12524842.jpg
10月1日

この日朝起きると曇っていてちょっとヘコミ気味。
1日遊べるのはこの日しかないのに。

午前中はレンタカーを借りて島内を観光。
借りるなら1日借りちゃおうかと思ったんだけど、小浜島は3時間も車で走れば満喫できてしまうらしい。
ということで午前中だけ借りることにしました。

続きはこちら
[PR]
by zima_555 | 2006-10-04 12:59 | りょこう

小浜島の旅 1日目

f0014355_1828597.jpg
9月30日~10月2日の3日間、沖縄の小浜島という小さい島に行ってきました。
ここ数年沖縄にはまっていて、毎年のように行っています。
3年前、2年前と宮古島に行ったので、今年は別の島へ行こう!ということで選ばれたのが八重山諸島のひとつである小浜島でした。

続きはこちら
[PR]
by zima_555 | 2006-10-03 18:41 | りょこう

緑の力

f0014355_12161531.jpg
f0014355_12162321.jpg
f0014355_12172953.jpg
f0014355_12174636.jpg
f0014355_12175325.jpg
土日は会社のテニス部の合宿へ行ってきました。
金曜日の夜から会社の部長の別荘に泊まり、土日と思い切りテニス。
ただいま筋肉痛真っ最中です。

土曜の朝、少し早めに起きて白駒池というところへ行ってきました。
八ヶ岳の北部にある池です。

とても空気が美味しく、まっすぐに伸びる木々はそれは見事でとても癒されました。
木々の根が盛り上がり、トトロやアシタカやサンが出てきそうな森。
苔が生しているのもそれは綺麗で自然と足並みが緩やかになります。
森を抜けると大きな白駒池が目に入り、転々と山荘があります。
その一つ白駒山荘というところで一息。
少し寒かったので暖かいココアを。
甘く暖かいココアをとても綺麗な器で出していただいてとても気分が晴れやかになりました。

森の間の道を歩く時、すれ違う人と必ず「おはようございます。」と挨拶をします。
都会の喧騒の中に身をおく自分はあたりまえなことなのにとても新鮮で生まれ変わったような気分になりました。
人間はやはり人の森に住むよりも自然の森に住んだ方が穏やかになると感じました。
最近、イライラすることばかりだったのがその後も何でも許せてしまうような気分になる。
緑の力は偉大ですね。
[PR]
by zima_555 | 2006-06-06 12:33 | りょこう

陶芸体験

f0014355_937195.jpg
f0014355_9371782.jpg

益子陶器市に行った際、陶芸体験をしてみました。
初ろくろです。

今回お邪魔したのは「つかもと」のろくろ体験です。→こちら
予約すれば誰でも体験できます。

まず行くと、ひとり1台ろくろが用意されていて、大きな粘度が既にセット済み。
湯のみだと7~8個くらい作れる量だそうです。
製作時間は大体1時間。
先生に教えてもらいながらイメージするお皿やコップをいくつも作り、気に入ったものを焼いてもらう。

これがまた難しいのだー。
湯のみの形くらいまではできる。
しかしそれを徐々に薄くしていって、広げてお皿や小鉢の形にしていくんだけれども。
その力の入れ具合が全然つかめない。
変に力を入れるとすぐにぐんにゃりするし。
力を入れなさ過ぎると形変わらないし。
内側ばっかり気にしてると外側がでこぼこになるし。
先生がだんだん宇宙人に見えてきました。

今回は湯のみと片口2個と平皿を作ってみました。
焼くと一回り小さくなってしまうので少し大きめの片口を作ったのだけれど、形は小さい方がいい感じ。
焼き上がりが小さい方くらいの大きさがよかったんだけれど。
イメージ通り行かなくて悔しい。
しかし、難しいけどはまる。
難しいからはまるのかも。
ちょっと本格的に陶芸教室通いたくなってきた。
都内ってどこにあるのかな。
本気で探してみようかなー。
しかし、ただでさえ食器が多いのに陶芸教室に入ったらもっと増えるじゃん。
しまう場所・・・どうしよう。
[PR]
by zima_555 | 2006-05-09 12:24 | りょこう


最新のトラックバック
韓国ドラマ無料動画
from 韓国ドラマ無料動画
貸し倉庫収納トランクルー..
from 貸し倉庫収納トランクルームレ..
柳屋の「たい焼き」
from まろまろ記
prevedkolleg..
from prevedkollegam00
zlobnyimarmi..
from zlobnyimarmik22
alikmurtazae..
from alikmurtazaev21
velocheropka01
from velocheropka01
水曜どうでしょう
from http://free7.l..
昨日の飲み会! 
from ユッキーのハッピーライフ♪
from モグモグ食べたい!
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧