じまのいぶくろまっちょ


今年もたくさん食べるよ!
by zima_555
カテゴリ
じぶんごはん
そとごはん(渋谷)
そとごはん(代官山・中目黒)
そとごはん(青山・表参道)
そとごはん(銀座・有楽町)
そとごはん(六本木・麻布・広尾)
そとごはん(自由が丘)
そとごはん(池袋)
そとごはん(新宿)
そとごはん(目黒・武蔵小山)
そとごはん(学芸大学)
そとごはん(恵比寿)
そとごはん(その他)
そのた
おんがく
えいが
りょこう
以前の記事
お気に入りブログ
その他のブログ
食べログの「ブログランキング」にも参加しています!
食べログ グルメブログランキング

<   2006年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

益子焼が届きました

f0014355_12234076.jpg
GWの益子でろくろ体験をしたときのお皿が届きました。
一番気に入っていた片口がとても綺麗に仕上がっていてびっくり!
白にしてよかったー!
日本酒を入れてもいいし、ちょっとした料理を入れてもとても映えそう!
出来上がりを見ると、感慨もひとしお。
やっぱり陶芸を習い始めたくなるなと一層思い始めたのでありました。
[PR]
by zima_555 | 2006-05-31 12:26 | そのた

北京ダックとお土産プリン

f0014355_12182821.jpg
f0014355_12184351.jpg

先週の金曜日。
六本木の中国茶房8というところでご飯を食べてきました。
中学高校の同級生であるゆき嬢つながりの飲み会で、初対面の方もいたのですがみんなとてもよい人たちばかりで楽しく食事をし、またまたお友達が増えました。
ゆき嬢はとても顔が広くて、おととしに共通の友人の結婚式2次会で再会してからというもの、仲良くさせてもらっていて、たくさんのお友達を紹介してもらい、ここ2年でものすごくお友達が増えました。
ゆき嬢には感謝感謝です。

さて、その中国茶房8というところ。
北京ダックが3000円強でいただける。
たくさんある飲茶は一皿200円。
ちょっとしたつまみは一皿100円。
とんでもなくお安いお店ですがなかなか美味しい。
水餃子もとても八角が効いていて私の好きな味でした。
北京ダックもくせがなくてとても美味。
また行こうっと!

写真を撮ったのだけれど、話に夢中でぶれぶれ。
前回も撮り忘れ、今回こそはしっかり写真を撮ろうと思ったのに。
話が楽しすぎるんだもの。
(北京ダックをばっさばっさと裁いているお店の人を、バシャバシャとキスデジで撮りまくっている女性がいました。
たぶんどこかのブロガーさんなんだろうなぁ。)

なので今回は別の写真で。
これは、このブログにもコメントを書いていただいているtaka師匠のお土産。
ノースプレインファームのおこっぺ牛乳プリン。
taka師匠が絶賛しており、この北京ダックの会に全員分お土産として持ってきてくれました。
おうちに帰ってしっかり冷やしていただきましたが、taka師匠が絶賛していただけあって美味しい!
とーってもクリーミー!
なんていうんでしょう。
下にざらつくものは何もない。
とろ~りプリン。
そして濃厚。
カラメルは苦味が強くて、これも私好み。
プリン大好物(私はプリンとシュークリームが大好物)の私としては超合格なプリンでありました!
近所に売っていたらいいのになぁ。
なかなか手に入らないそうです。

そういや、この前の「ガキ使」で利き牛乳対決やってましたが、そこにも「ノースプレインファームのおこっぺ牛乳」があった。

ねー。taka師匠。
あれも飲んでみたい(笑)
[PR]
by zima_555 | 2006-05-30 12:57 | そのた

いまんとここれがNo.1

f0014355_12233152.jpg

私は毎朝の朝ご飯はイギリスパンのトーストと決めている。
食パンは甘くって嫌いなのだ。
だから朝は絶対にイギリスパン。
イギリスパンと決めているからには自分の好みのイギリスパンが欲しい!と思って日々美味しいイギリスパンを探している。

こないだ代官山に行った際、Yちゃんにお土産でも・・・と思ってシェリュイに行った。
お土産のお菓子を選んでいるとたくさんのパンが目に入って。
その中にパンドゥミを発見!

「お、まだココのは食べてないな。」

と思って買ってみました。
そしたらとーっても私の好みでした!
ポイントは「しっかりと固めのパンであり、味がしっかりしていて、酵母の香もしっかりしている」こと。
シェリュイのパンドゥミはこれをオールクリアしてました!
ん~。おいしい!
いまんとこ、これがNo.1です。
けど、まだまだ美味しいイギリスパンを探しにいきますよ!

最近は「天空の城ラピュタ」でパズーとシータが洞窟の中で食べるパンのように、トーストしてバターを塗ったパンに半熟の目玉焼きを乗っけていただくのがマイブーム。
黄身をぷちゅっとつぶして全体に馴染ませていただくとこれがもう幸せの極みなり!
[PR]
by zima_555 | 2006-05-25 12:32 | じぶんごはん

とすかーな(武蔵小山)

f0014355_12153279.jpg
f0014355_12154127.jpg

パスタはやっぱりとすかーな。
ベーコンとサニーレンソウのサラダとなす・シメジ・エリンギのバター醤油パスタ。
いつもはチリカルボとかペペロン納豆とか納豆ミートソースとか異色なパスタばっかりなので普通にしてみた。

見た目普通だけど美味しい。
ココの料理は本当に安定してる。
ナスはいい具合に油とあじが染み込んでいるし、キノコのシャキシャキ感は程よく残っている。
サラダもバルサミコ味のアツアツのドレッシングをサニーレンソウにジャッとかけてあって。
酸味もほどよく飛んでいて美味しい。(家で真似しようっと!)
こうやって美味しい料理をたくさん提供してくれるお店はよく研究しているからだと思う。
美味しい料理はとても研究されているのだ。

友人でフランス料理のサロンを開いているSちゃんはものすごく前から試食を何度も繰り返してる。
赤字になるんじゃないかってくらい。
だから教室に行っていただくSちゃんのお料理はものすごく美味しい。
お母さんの手料理が美味しいのも、毎日作って、改良されていくからなのだ。
私ももっと料理をたくさん作って美味しいものを作りたい。
美味しい食べ物を食べるといつも私も頑張らねばと思う。

そういえば、この前ニュースで子どもの食事情があまりよくないとかやってたな。
とあるコンビニを経営しているお店では子どもに毎日与えてるご飯が店で売っているパンやおにぎりだったりしたとか。
子どもの頃にしっかりとバランスの良い食事をさせないと脳みそもしっかり発達しないんだぞ。
食べ物があふれているのにこういう事が起きる。
逆に食べ物があふれているからこういうことが起きるのか。
私は自分の子どもには美味しいものをたくさん食べさせてあげたいと思うぞ。
そのためにも研究したいと思うぞ。
この感覚の違いはなんなんだろう。

っと、話はぶっ飛びましたが「とすかーな」は美味しいです。

-----------------------------
とすかーな
Adr:品川区小山3-26-9
Tel:03-3788-4257
[PR]
by zima_555 | 2006-05-24 12:34 | そとごはん(目黒・武蔵小山)

たき下(麻布十番)

f0014355_1226030.jpg
f0014355_1226815.jpg
f0014355_1226199.jpg
5月21日はP氏のお誕生日。
P氏の「日本食た食べたい!」というご所望により、麻布十番の「たき下」にお邪魔しました。

場所は十番商店街のピーコックの近くです。
こぢんまりとしたお店です。

コースは5000円から。アラカルトでもOKです。
私たちは色々食べたかったのでアラカルトで。
いただいたのは鰹の刺身、くろむつの照り焼き、桜海老と新たまねぎのかきあげ(写真なし)、こごみとたらの芽のてんぷら、金目鯛の煮付け、なめろう(しゃしんなし)、絹さやとタケノコのバター炒めなどです。

非常にお魚が美味しい!
鰹は脂が乗りまくっているので丁度良く薄めに切られています。
くろむつもぷりっぷり。
金目鯛は甘すぎない丁度いい味付け。
絹豆腐にも味がシミシミでした。
タケノコのバター炒めもとても美味。
バターの香がとても立っていて、タケノコの甘味がいっそう引き立てられる感じ。
P氏はお酒を飲まないので、私は一人で日本酒1合いただきました。うしし。加賀の井うめー。

かしこまっている雰囲気ではないので、普段着で美味しいものを食べてゆっくり日本酒でもいただきたい時に丁度いいお店だと思います。
お客さんの年齢層もそれほど高くなかったので来易い証拠ですね。

はー。週末の贅沢でかなり太りました。
スカートがキツイゼ。
今週は節制しないとな。

ということで、たき下、超お気に入りになりました!
また行こうっと!

それにしても私たちの隣にいたカップルの男が最悪だった。
ちょっと狭目の席なのでちゃんと着席して欲しかったんだけれども、彼女が大好きなのか、猛アピール中なのか、ほどんど隣の私たちに背中を向けて彼女だけを見て食事をしてました。
肘あたるっちゅーねん!
前向いて食えっ!
私はそれだけで嫌いになりますが。彼女・・・どうなの?

そんな感じだったのでP氏も気になっていたらしく、二人の会話が耳に入ってきたようで。
男「俺絵画とか好きなんだよね。」
女「えー。どんなのが好きなの?」
男「ダ・ヴィンチとか・・・。」
なんて会話があったとか。

ま、好みはそれぞれですが、猛アピール中(既に決め付けてる私)ならもうちょっと攻めどころがあるのでは??
今「ダ・ヴィンチ」はないでしょ。
なんて余計なお世話を焼いてしまいました。
なんにせよ、行儀の悪い男性は何を言っても「あん?(片眉上げる感じ?)」と思ってしまうじまなのでした。

---------------------------------
たき下
Adr:港区麻布十番2-1-11
Tel:03-5418-4701

土曜日が定休日です。
私たちが行った日は予約で一杯だったようなので、もし行かれる際は予約された方が良いでしょう。
[PR]
by zima_555 | 2006-05-23 12:53 | そとごはん(六本木・麻布・広尾)

李南河(代官山)

f0014355_12411664.jpg
f0014355_12412763.jpg
久しぶりに叔母のYちゃんとの会食。
叔母のYちゃんは年齢は一回りほど違うのだけれども、同じ大学の出身ということもありとても仲良し。

前回Yちゃん夫婦と一緒に会食した赤坂の「メゾン・ド・ユーロン」で、オーナーの鈴木さん(ウルトラグルメな方)に教えてもらった東京の美味しいお店の中の1つである代官山の韓国料理「李南河(リナンハ)」に行って来ました。

お店に入るとそこは異空間。
今まで行った韓国料理とは全然違うとてもおしゃれでハイソなインテリア。
まさしく「高級」韓国料理ですね。

今回いただいたのはポッサムキムチ、白菜とニラのサラダ、ゆで豚とえごま、牛の中落ちの辛味炒め、プルコギ、シメにうどんです。
もう、食べ過ぎるぐらい食べました。
多分1日の摂取カロリーをこの1回の食事で取ってしまったんではないだろうかってくらい。
寝る前まで苦しかった。

お味はとってもお上品です。
ポッサムキムチがとても美味。
写真は取れなかったのですが、大きな白菜のキムチでたこやマグロなどのお刺身が包んであります。
これは非常に美味しい!

そしてとても気に入ったのがプルコギ。
プルコギを食べる前に既に超まんぷくだったのだけれど。
結局シメのうどんまでしっかり平らげました。
プルコギは基本的に甘めの味付けなのですが、この甘さが絶妙で。
甘さって食べつづけると飽きがすぐにきてしまうのだけれど、これは本当に最後まですっきりいただけました。
薄くきったジャガイモがしゃきしゃきしていて、とても辛い味とマッチしていて美味しかったです。
非常に美味しいお料理の中でナンバーワンに美味しかったのがシメのうどん!
日本のうどんと違い、もっちり感よりも歯ごたえの強く、冷麺のような透明なおうどん。
食べつづけても口の中でねちょっとしないところがいいです。
焼きうどん風にしてもらって正解でした。
非常にプルコギのお出汁が絡んで絶品に仕上がっていました。

このお店はとてもサービスがいいです。
店員さんが「余ったプルコギはチャーハンにできますがいかがいたしましょう?」といってくれたのだけれど、Yちゃんは
「これ、おうどんの方が絶対に合うわ!おうどんでお願いできないかしら?」
なんて無理をお願いしても笑顔で受けてくれました。
私たちがおしゃべりに夢中でいただいたお水を全然口にせず、氷が溶けてしまうとすぐに新しいお水に交換してくれたり。
非常に丁度いい間合いでのサービスで気持ちよく食事ができました。
お値段はちょっと張りますが、とても美味しくおすすめのお店です。

この日は19時に予約して、延々食べて喋って飲んで。
気付けば12時過ぎてました。
5時間も延々食べてればそりゃ寝る前まで苦しくなるわな。
お陰で週末は胃袋が大きくなっちゃってすぐにおなかがすいて大変でした。
今週は元に戻しておかないと。。。

そうそう。
19時に入店してYちゃんを待っていると、私のすぐ後から大塚寧々が入ってきました。
ものすごーーーーく綺麗でした。

--------------------------------
李南河
Adr:渋谷区代官山町20-20 モンシェリー代官山B1F
Tel:03-5458-6300

アッサンブラージュの入っているビルの地下です。
[PR]
by zima_555 | 2006-05-22 12:45 | そとごはん(代官山・中目黒)

味源(渋谷)

f0014355_1145912.jpg
マイホームグラウンド渋谷。(若者みたいだ)
渋谷でランチをすることが多々あるが。
ラーメンを食べようとすると「はしばやん」と「味源」の2つにしぼられる。
(山頭火って手もあるが、WINSに行く時くらいしか前を通らないので却下)

しばらく味源に行っていなかったのだが、P氏が
「味源、なんか味が変わったよ。」
というので行ってみた。
写真はいつも食べる「オロチョン」。
辛い味噌ラーメンね。

確かに変わった。
昔のチャーシューはブロックで味が凝縮された固いやつだった。
麺はもうちょっと白くてモチモチしてた。
なんか、インスタントラーメンみたいに透明感のある黄色い麺に変わってた。
スープも前よりちょっとドロッとして濃くなっていた。

評価としては、チャーシューはこっちの方が好き。
スープにしばらく浸して脂が溶けかかったぐらいが好きなので。
麺は前の方がよかった。残念。
スープは基本の味は変わってないので良し。
ワカメいらん。まぁ、少しだからいいか。

綱島の「満龍」の味噌ラーメンはどっさりワカメが乗っていて、磯臭すぎて味噌ラーメンの味を邪魔してる。
それが理由であそこのラーメンは美味しくないと思ってしまったので、それ以来味噌ラーメンにワカメが入っていると「うっ」と思ってしまう。

結論。
とりあえずじま的に好きな味だったので行く頻度は変わらないでしょう。
それから、オロチョン、黒っぽい器の方が映えると思う。個人的な趣味だけど。

渋谷にもうちっと安定して美味しいラーメン屋ができるといいなぁ。
理想を言うなら「一風堂」みたいなとんこつと、「山頭火」とはちょっと違った塩があると嬉しいな。

---------------------------
味源
Adr:渋谷区宇田川町26-6
Tel:03-3461-7225
[PR]
by zima_555 | 2006-05-17 12:29 | そとごはん(渋谷)

新宿 中村屋(新宿)

f0014355_12164188.jpg
私はカレーも好きで結構よく外で食べる。
最近だと流行のスープカレーだったり。
インドカレーとかタイカレーも好きだな。
しかし、よくよく考えると、昔ながらの洋食のカレーって食べたことがないかも。
と、新宿中村屋に入って気付きました。
多分、これといって特徴のないというか、洋食のカレーって普通でしょ?見たいな先入観があったんでしょうね。
中村屋もP氏に言われなければ入らなかったと思うし。

野菜カレーでいっかな。
なんて頼んで特に期待もせず食べてみたら、めっさ美味しいじゃん!!
程よくサラサラ感があり、滑らかだけれどとてもスパイシー。
野菜も煮込みすぎないけど、しっかりと味が染みている。
最後まで飽きさせない味。
昔から愛されている味というのは美味しいものなんですね。
ちょっと反省です。

1500円とカレーとしてはちょっとお高いけれど、とっても満足なお味でした。
ごちそうさま。

--------------------------------
新宿中村屋
Adr:新宿区新宿3-26-13
Tel:03-3352-6161
[PR]
by zima_555 | 2006-05-16 12:28 | そとごはん(新宿)

元旦(中目黒)

f0014355_1219448.jpg
f0014355_12191453.jpg

私は鍋好きじま。
毎日鍋でも絶対に飽きません。
外でも美味しい鍋の店を見つければすぐ足を運びます。
ここ、元旦は去年ネットで見つけてどうしても行きたかったお店。
中目黒の東山に看板も出さずにひっそりとある豚鍋屋さんです。
冬の寒い間は全然予約が取れず、やっと暖かくなってきて予約が取れました。

店内は程よく暗く、とてもスタイリッシュというか飾りのほとんどない空間。
鍋とはおおよそ想像もつかない無機質なインテリアでした。

今回いただいたお鍋は豚鍋、すだち鍋。
他にてっちゃん鍋や野菜しゃぶしゃぶなどがありましたがさっぱり目で攻めてみました。
豚鍋は今まで食べた中で一番あっさりしていました。
ポンズは甘さが控えめでとても美味しく、柚子胡椒ととてもよく合います。
ここの豚はばら肉。
ばら肉の脂が多いのでお出汁のあっさり感とでとてもバランスがよかったと思います。
すだち鍋は金目鯛、生麩、マイタケ、ネギ、白菜など。
それにプラスしてすだちも一緒に炊いてしまいます。
食べる直前にすだちを取り出し、器に具材を取ったらお好みですだちを搾ります。
これも非常に美味しいお鍋でした。
金目鯛の脂がおいしいことおいしいこと。
すこし甘めの出汁醤油もしくは柚子味噌でいただきます。
豚鍋より私はこちらの方が好みでした。

その他、酢モツ、長茄子の一本焼き、春菊とそばの実のサラダ、島らっきょうなどをいただきました。
しかし、一品料理はいまいち。
酢モツは断然に「蟻月」の方がうまい。
島らっきょうは細くシナシナで無造作にカツオブシがかけてあるだけ。
サラダも特に工夫のない胡麻ドレッシング。
唯一美味しいと思ったのは長茄子の一本焼きでした。

こちらのメニューはお酒以外は全く値段が書いてありません。
上記のお料理とお酒ひとり3杯で7000円ほど。
店員さんの元気もなく(っていうか、反応薄すぎ!!!)サービスがいいというわけでもありません。
う~ん。場所柄もあるけれど全体的にちょっと割高かなぁ。

豚鍋として「豚鍋研究室」と比べると鍋のインパクト(豚鍋研究室は味がしっかり目だったり雑炊が五穀米だったり)、1品料理の質、サービスを総合すると私は「豚鍋研究室」に軍配が上がると思う。
豚鍋研究室はリピートしたいと思うけれど、元旦はあまりリピートの魅力は私はなかった。
あっさりお鍋が好きな人は元旦だと思うし、コッテリ目の味が好きなわたしのかなり独断ですけど。

ということで、ちょっぴし期待はずれではありましたが久しぶりに非日常的な空間で食事できたのはよかったです。

----------------------------------
元旦
Adr:目黒区東山1-8-8 サンロイヤル東山 109
Tel:03-3791-4807
[PR]
by zima_555 | 2006-05-15 12:57 | そとごはん(代官山・中目黒)

三希堂(横浜中華街)

f0014355_12215997.jpg
f0014355_1222920.jpg
f0014355_12221913.jpg
f0014355_12222983.jpg
GW中の天気のよい日に横浜に出て大桟橋へ。
そのあと中華街まで歩いて「三希堂」という中国茶専門店でお茶をしました。

私は中国茶はあまり飲まないのだけれど、一緒に行ったP氏はお茶大好きっ子。
家にも中国茶セットがあるくらいのお茶マニア。
ということで連れて行ってもらったのでした。

武夷岩茶というお茶をいただきました。
P氏は凍頂烏龍茶。

ここはお店の人が丁寧にお茶の説明から入れ方の説明までしてくれます。
最初にお店の人が入れてくれて、あとは用意されたお湯を好きに注いでいただきます。
凍頂烏龍茶は香りもすっきりとして甘くて美味しい。
2煎目が味と香りのバランスがよくて美味しかった。
岩茶はちょっと苦味の強いお茶。
こちらは1煎目がよかった。
どちらも美味しかったんだけれど、好きだったのは凍頂烏龍茶かなぁ。
岩茶はお店の人に「ちょっと癖がありますよ。」といわれて天邪鬼な私は初心者のくせに頼んでみたのでした。

中国茶っておもしろい。
お茶によってあくがあったりなかったり。
5~6煎出せるお茶もあれば、3煎くらいで味がなくなってしまうもの。
入れ方もお湯を注いで1煎目は捨ててしまったり、はじめから飲んでよかったり。
中国茶を飲むときには飲杯と聞香杯いう2つのカップを使う。
最初、聞香杯(縦長のカップ)にお茶を注ぎ、その後飲杯に移し替えて飲む。
移し替えた後の空の聞香杯に鼻を近づけて香を楽しむ。
日本茶にはない飲み方。
奥が深いなぁ。
紅茶とかは色々種類を飲むけれど、中国茶は烏龍茶かジャスミン茶くらいしか飲まなかったのでちょっと興味津々。
自分でも買ってみようかしら?

それにしても飲杯って小さくて、お猪口みたい。
自分の中国茶を飲む姿が日本酒をお猪口で1杯!の姿に思えて笑えてしまったのでした。

------------------------
三希堂
Adr:神奈川県横浜市中区山下町81-1
Tel:045-662-1001
中華街東門近く南門シルクロードにあります。
[PR]
by zima_555 | 2006-05-12 12:48 | そとごはん(その他)


最新のトラックバック
韓国ドラマ無料動画
from 韓国ドラマ無料動画
貸し倉庫収納トランクルー..
from 貸し倉庫収納トランクルームレ..
柳屋の「たい焼き」
from まろまろ記
prevedkolleg..
from prevedkollegam00
zlobnyimarmi..
from zlobnyimarmik22
alikmurtazae..
from alikmurtazaev21
velocheropka01
from velocheropka01
水曜どうでしょう
from http://free7.l..
昨日の飲み会! 
from ユッキーのハッピーライフ♪
from モグモグ食べたい!
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧