じまのいぶくろまっちょ


今年もたくさん食べるよ!
by zima_555
カテゴリ
じぶんごはん
そとごはん(渋谷)
そとごはん(代官山・中目黒)
そとごはん(青山・表参道)
そとごはん(銀座・有楽町)
そとごはん(六本木・麻布・広尾)
そとごはん(自由が丘)
そとごはん(池袋)
そとごはん(新宿)
そとごはん(目黒・武蔵小山)
そとごはん(学芸大学)
そとごはん(恵比寿)
そとごはん(その他)
そのた
おんがく
えいが
りょこう
以前の記事
お気に入りブログ
その他のブログ
食べログの「ブログランキング」にも参加しています!
食べログ グルメブログランキング

<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

おいしいゴーヤーチャンプルーの作り方

家ではよく、ゴーヤーチャンプルーを作ります。
ゴーヤーはビタミンC、 B1、 βカロチン、 鉄分なども取れるとても栄養価の高い野菜ですからね。
しかし、色々なレシピを見ては作ってるのだけども、なかなか納得の行く味にならないのです。

で、先日、新宿でヘビーリピートしている「やんばる」(アルタ裏にある沖縄定食屋さん)のカウンターで、おにーちゃんのゴーヤーチャンプルーの作り方をボーっと見ていて気づいたことがありました。
そこで、その作り方を自分なりにアレンジして作ったら、これがうまかった!
と言うことでご紹介します。
※ ただし、分量は適当です。

【材料】
ゴーヤー 1個
ポーク・ランチョンミート 1/3缶
島豆腐 1丁(もしくは、しっかり水気を切った木綿豆腐 1/2丁)
卵 1個
だし(顆粒かつおだしorウェイパー) 小さじ1
お湯 100cc
塩 適当
鰹節 適当
サラダオイル 少し

【作り方】
①ゴーヤーはたてに半分に切った後、スプーンで種をとり、3mmの厚さに切ります。
苦味が苦手な人は綿をしっかり取ってください。
また、かるく塩もみをしてから水にとって塩気を抜くとさらに苦味が和らぎます。
私も最初のころはこうしてましたが、苦味になれたのでそのままです。

②豆腐は適当な大きさに手でほぐしておく。(炒めるときにも崩れるので、少し大き目が良いかもです。)

③卵は溶いておく。

④お湯とだしと塩を混ぜて、ちょっとしょっぱめのだし汁を作っておく

⑤ポークは1cmくらい厚さの短冊に切っておく

⑥フライパンに油をひき、ポークを炒める。その後ゴーヤーをいれ炒める。
油が回ったら、お豆腐を入れて少し炒める。

⑦ここで④のだし汁を一気に投入。強火でぐつぐつっと野菜などに汁を吸わせる。

⑧汁気が飛んだら(といっても、少し水分を残してください。)溶き卵を投入して軽く混ぜる。

⑨お皿に盛り、上から鰹節をかけて出来上がり。

ポイントは、塩をフライパンにダイレクトに入れないこと。
味付けはだし汁のみ。これがおいしく作るポイントです。(やんばるのにーちゃんもこうやってました。)
野菜炒めでもそうですが、炒めているところにダイレクトに塩を入れると、溶けるまでに時間がかかります。
そこで味見をしても、塩が足らないような気がしてさらに追加し、結局テーブルにサーブしたときには塩辛くなってしまうことがあります。
味付けを液体にすることで、すぐに具材に塩味が浸透するので、このような失敗が少ないです。

イタリア料理でも、パスタに塩味をつけるときに必ずパスタのゆで汁を入れますね?
これも多分同じ理由だと思います。多分。
(それ以外にも、油とソースを乳化させるためという理由もありますが)
また、水分を入れることで、後で投入するとき卵もふんわりします。
それから、最後に鰹節を添えるのをお忘れなく!
これがあるとないではとても味が違いますから!

ということで、これからゴーヤーも緑色になりおいしく、そして安くなります。
是非是非作ってみてください!
[PR]
by zima_555 | 2008-04-11 11:51 | じぶんごはん

朝メガッ!

f0014355_8481799.jpg

ハンバーガーはやっぱりジャンクであればあるほどおいしいもんです。
昼や夜のメガマックはカロリー的にもちょっと負い目を感じるのですが、朝だったらこれから動くし(内勤で座ったまんまですが・・・)、食べちゃっても平気よね!ってノリで本日「メガマフィン」をいただいてきました。
お肉いっぱいで、スパイシーで、おいしゅうございました。
ごちそうさまでした。
[PR]
by zima_555 | 2008-04-10 08:51 | そのた

表邸(西麻布)

f0014355_04566.jpg
f0014355_0541.jpg
f0014355_051535.jpg

グルメ親友M嬢が
「全然予約がとれないらしいよ〜〜〜〜〜〜!」
と言っていた、西麻布にある「表邸」というもつ鍋屋さんへ行ってきました。
てか、ホントに電話がつながらなかった。。。
けど、M嬢が日本にかえってきて久しぶりに会うということで、なんだか絶対に予約を取りたい気分になりまして。
約1時間半ほど粘りました。ええ。がんばりましたよ。

場所はジョージアンクラブの裏あたり。(てか、ジョージアンクラブって閉店したみたいですね。)
六本木駅からちと歩きました。

さて、こちらのもつ鍋は、塩・辛・オリジナル(ポン酢)・醤油・味噌と結構種類があります。
コースもあったのだけれども、せっかくだからもつ鍋を2種類味わいたいということで、アラカルト。
鍋の前の定番「酢モツ」はこりこりしてて美味です。

さて、本題のもつ鍋ですが。
まずは塩。
こちらニンニクを使用していないそう。
もつ鍋でニンニク不使用ってどんな?と思いますが、とっても出汁が効いていてものすごくおいしい。
キャベツの甘みがすごく良く分かります。
イメージとしてパンチがないんじゃないかと思いますが、このしっかりと効いた出汁は抜群にインパクトが強い。
〆に太いチャンポン麺を入れても麺に負けませんね。

2つ目はオリジナルのポン酢。
こちらは塩と違ってニラが乗っていて、さらにニンニクも効いてます。
器にとって、柚胡椒とポン酢をたらします。
これもまた非常においしい。
出汁は塩ほど効いていませんが、その分ポン酢のさっぱり感と柚胡椒の香りが際立ってとてもバランスが良いです。
こちらは〆にお雑炊。
ちょろっとポン酢を落とせばさらさらさら〜っと入って行きます。
いやー。よく食べた。

こちらのモツは脂控えめのような印象。
恵比寿の有名店がありますが、あそこのモツは私に取っては少し脂が強すぎる感がありました。
こちらの方が好みです。
今回、大学のグルメ仲間4人で伺いましたが、恵比寿某店と比べてこちらに軍配があがりました。
はっきり言って、おいしいです!

絶対にリベンジして、今度は醤油、味噌あたりをいただきたい。
あー!また行きたくなってきた!!
だれか予約とってぇ〜!

------------------
表邸
Adr:港区西麻布1-5-18
Tel:03-6406-0506
[PR]
by zima_555 | 2008-04-09 00:33 | そとごはん(六本木・麻布・広尾)

ル・マノワール・ダスティン(銀座)

f0014355_21441439.jpg
f0014355_21443063.jpg
f0014355_21445041.jpg
f0014355_21445833.jpg
f0014355_21451823.jpg
f0014355_21452772.jpg

久しぶりの投稿です。
やっと、Photoshop Element 6が届いて画像処理ができるようになりました。

さて、3月の頭。
母のお誕生日ということで、妹とダンナと母とでお誕生日のお祝いとして銀座のフレンチ「ル・マノワール・ダスティン」へ行って参りました。
このレストランはもう5年以上前から行かねばと思っていたレストラン。
内臓系が得意と言われるレストランです。
※ 1ヶ月前のことなので、かなり内容忘れてます。すいません。。。

この日はコースにしてみました。
まず、アミューズはサーモンとブーダンノワール(豚の血のソーセージ)。
さっすが、内臓系が得意!このブーダンノワール最高においしい!
ねっとりと濃厚なのだけれど、全然臭みがない。
臭みがないけれど、血と分かるほのかな香り。
あるレストランでよくブーダンノワールをいただくのだけど、そこが少し生臭い香りがするので、比較するとよくわかりました。
妹も
「想像と全然ちがう!」
と驚いていました。

さて、次は前菜の「にんじんのムースとコンソメのジュレ」。
このメニューはこちらのお店のスペシャリテだそうです。
これがまたうまいのなんの。
にんじんのムースのしっかりとした甘さとコンソメのしっかりとした塩気。
どちらも勝ってなく、負けてなく、主張をしているのだけどしっかりと協和している。
そして、協和して口のなかでほろほろほろほろっと溶けちゃうのだ。
「あー、もう少し食べたい!」
という感じ。
今でもこの味を想像できる。

さて、メインですが魚は何だったかな。。。
忘れてしまった。ちょっと印象が薄めでした。
上にのった山菜のうるいがねっとりしておいしかった。
お肉は豚のコンフィ。
ちょっと私には脂がしつこかったかな。
けれども、横に添えられているタマネギのピュレがものすごいアクセントで美味。
豚だけだったらかなりぼんやりしてしまうところをしっかりと引き締めていました。
もうね、ほんとに「たまねぎっ!!!!」っていう味。辛いのよ。おもしろい。

お口直しはリンゴのコンポート(確か)とエストラゴン風味のシャーベット。
エストラゴン好きにはたまらないね。妹は駄目だったみたい。

デザートは紅茶攻め。
アールグレーのブラマンジェにダージリンのアイスクリーム。
紅茶系スイーツの大好きな私は大満足でした。

しかし、今回は選んだ内容がいまいちだったかなー。
おいしかったのだけど、メインのインパクトが薄かった。
やはりここは内蔵なのか?
アラカルトで内臓系をいただくのがいいのかな。
デザートもアラカルトだとワゴンサービスだしね。
リベンジありかもと思うチョイスでした。

全体の味としてはとてもすばらしいレストランだと思う。
あのにんじんのムースとブーダンのワールは今まで食べた中で一番おいしいかも。
古くから銀座で開かれているレストランだけあって、根っこはしっかりしているレストランなんじゃないでしょうか。

ひとつ残念なのは、サービスがいまいちだったかな?
どこかのサイトにもオーダしたものと持ってこられたのが違ったとかって書いてあって、少し構えて行ったのだが、私もそんな目に遭ってしまった。
母がブーダンノワールが苦手ということで、アミューズを変更してもらったのだが、運ばれてきたのはブーダンノワールが4人分。
すぐさま私は
「あれ?ブーダンノワールが4つというのは?」
と訪ねたところ、焦って引っ込みましたが。
それほど広くないレストラン。
それほど少なくないサービス。
ここはしっかりしていただかないとね。

ということで、選択的にいまいちだったので、次回はぜひジビエの時期に!
-----------------
ル・マノワール・ダスティン
Adr:中央区銀座8-12-15
Tel:03-3248-6776
[PR]
by zima_555 | 2008-04-07 22:19 | そとごはん(銀座・有楽町)


最新のトラックバック
韓国ドラマ無料動画
from 韓国ドラマ無料動画
貸し倉庫収納トランクルー..
from 貸し倉庫収納トランクルームレ..
柳屋の「たい焼き」
from まろまろ記
prevedkolleg..
from prevedkollegam00
zlobnyimarmi..
from zlobnyimarmik22
alikmurtazae..
from alikmurtazaev21
velocheropka01
from velocheropka01
水曜どうでしょう
from http://free7.l..
昨日の飲み会! 
from ユッキーのハッピーライフ♪
from モグモグ食べたい!
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧