「ほっ」と。キャンペーン

じまのいぶくろまっちょ


今年もたくさん食べるよ!
by zima_555
カテゴリ
じぶんごはん
そとごはん(渋谷)
そとごはん(代官山・中目黒)
そとごはん(青山・表参道)
そとごはん(銀座・有楽町)
そとごはん(六本木・麻布・広尾)
そとごはん(自由が丘)
そとごはん(池袋)
そとごはん(新宿)
そとごはん(目黒・武蔵小山)
そとごはん(学芸大学)
そとごはん(恵比寿)
そとごはん(その他)
そのた
おんがく
えいが
りょこう
以前の記事
お気に入りブログ
その他のブログ
食べログの「ブログランキング」にも参加しています!
食べログ グルメブログランキング

タグ:和食 ( 11 ) タグの人気記事

東京バルバリ(京橋)

先日、ずっと気になっていたお店へ伺いました。
京橋にある「東京バルバリ」。

よく参考にさせていただいてる「しずる!写真グルメガイド」さんを見ていてずっと気になっておりました。
いつか何かの飲み会で使おうと思ってまして。
先日、やっとい行くことが出来ました。
(こういうストックを脳みそ貯めとくだけが特技です。)

f0014355_151376.jpg

お通しはかぼちゃのスープとプチシュー
f0014355_152651.jpg

コチのカルパッチョ タマネギソース
f0014355_185819.jpg

白レバのパテ
f0014355_155530.jpg

賀茂茄子の煮浸し

こちらのお店、外から見ればふっつーの居酒屋なのに、出すお料理がおしゃれだし、おいしいし、フレンチっぽいし。
コチのタマネギソースはかなり美味でしたよ。
玉ねぎの甘みがほんのりで、生のお魚に合うなんておもわないでしょ?
これが合うんです。
今回は飲んだくれ3人だったので、料理をたくさん頼まなかったのだけど、お肉料理が得意みたいで、短角牛の炭火焼とかフォアグラのカツレツとかもおいしいみたい。
いろいろと試したいなら大人数でいくのもいいかも。
ワインも結構そろってたので、お肉と合わせたい感じ。

あまり、お店の情報を集めないで行ったのだけれど、「気軽な居酒屋の雰囲気でおいしいお肉料理がいただける」というコンセプトはなかなかそこらではないと思う。てか、好み。
「居酒屋」と称しているだけに、ワインから日本酒、焼酎までお酒も豊富。
お店の1Fはカウンター、2Fはテーブルなのだけど、ガラス張りの1Fはおじさまのお客様で埋まってるものね。
幅広い客層に好まれるお店だと思います。

あー。京橋とかー、日本橋とかー、銀座とかー。
そういうところにお勤めしたいもんですな。
ワタクシは勤め先が神奈川なんでね。
憧れちゃいます。

ということで、おのぼりさんでもいいので、平日でもこうやって「東京」へがっつり飲みにいっちゃうぞ!!
ストレス発散だ!

-----------
東京バルバリ
Adr:中央区京橋3-7-9 橋本ビル
Tel:03-5524-1338
[PR]
by zima_555 | 2008-09-20 01:17 | そとごはん(銀座・有楽町)

不思議な店 鳥はる(都立大)

先週の金曜日ですが、先輩が「おもしろくておいしいお店に行ったの!」と言っていたので、連れてってもらいました。
その名は「鳥はる」。
都立大駅を出て、右に少し行った角にある、見た目は赤提灯。
お店に入っても赤提灯風なカウンターのみ。
壁に貼ってあるメニューは焼き鳥のみ。
そして、先輩は
「おまかせでおねがいします。」
と。

焼き鳥おまかせ???と思ってしまうのだが、それから繰り広げられた怒濤の料理は、これでもかというくらいお店の雰囲気とは異なったものばかりでした。
f0014355_23441174.jpg

アスパラのすり流し
前菜の盛り合わせ(うなぎとキュウリの和え物、白エビ、キュウリにこのわたを乗せたもの、ふぐの煮こごり)
ジュンサイとうにのお出汁の葛よせ
エゾアワビの蒸し物(からすみがふりかけられてます)

夏ですねー。スリ流しは汗をかいた体からすーっと熱を取ってくれました。
シンプルだけど、アスパラの香りと甘みはそのまま。
ふぐの煮こごりはまさしくホンマモン。
食感はしっかり、けれど、口でほろほろと溶けて行く感じがたまりません。
そして、うにとじゅんさい。両方とも全く味はついていないのだけど、出汁葛がちょうどいい塩加減。
そしてエゾアワビ。日本から中国へ輸出しているアワビ。
これは固いアワビとは違って、フワフワと柔らかい食感。ウマス!!
f0014355_23442118.jpg

炊き合わせ
ふぐの白子
ふぐ皮とメイタガレイのお刺身
黒メバルの煮付け

炊き合わせは素材の良さを抜群に生かしてました。
白子は半端なくウマイ!!!
f0014355_23443011.jpg

毛ガニ
〆に手打ちうどん
オプションで岩牡蠣!

毛ガニは味噌たっぷり!
身も甘く、ひたすらほじって食べました。
〆のうどんはひんやり。こしがあってとてもおいしい。お腹いっぱいなのに、なんで〆の麺ってするする胃袋におさまるのかしら???

そして、これ以外に、お隣の常連さんカップルにおいしいよーと教えてもらったピーマンの肉詰めやら、手羽やらをいただき(これもまたうまい!)、そして、ぷりっぷりに太った岩牡蠣までいただいちゃいました。

今回、酒豪4名で行ったので、これでもかというくらい日本酒をいただき、最後はいくら請求されるのかとドキドキしてましたが、一人12000円也。
環境としては赤提灯なのだが、ふぐ、白子、あわび、うになど庶民にはあまりお目に書かれない食材をこれでもかというくらい堪能し、大将ご推薦のオール純米の日本酒を飲みまくってこの値段。
なかなか良いと思われます。
ただ、大将のお酒のうんちくがとーーーーーーーーっても長いですがw

不思議な店、鳥はる。。。
また冬におめにかかろうぞ。
(和食っていったら冬だもんねー)
-----------------
鳥はる
Adr:目黒区中根2-13-5 1F
Tel:03-3723-6744
[PR]
by zima_555 | 2008-07-31 00:20 | そとごはん(その他)

日本橋 皆美(日本橋)

今回は写真なしです。

先週末はダンナ方の法事でした。
法事の後のお食事の場所を探してほしいと仰せつかったので、ばりばりネットで探して見つかったのが「日本橋 皆美」というCOREDO日本橋に入っている島根県松江の郷土料理のお店。

とにかく、お店を探す上で一番厳しいのが
・日曜日
・ランチ
・和食
・都心
この4点セット。

まず和食ということで、ランチが限定される。
そして、日曜/和食/都心ということで、銀座は全滅。
日曜の銀座の和食なんてあいてる訳がない。

こういう時の探し方は、大型商業施設を片っ端からあたるのがベスト。
私たち夫婦の結納の場所である日本橋三井ビルにある「日本橋 櫻川」も同じ条件で探した場所。
そのときによーく学びました。

いろいろ調べると、この「日本橋 皆美」は法事の集まりも想定しているお店ということでとても希望にかなったお店でした。

そして、お味なのですが。
ここ、おいしいですよ。
名物が「鯛めし」なのですが。

私たちが想像する鯛めしは・・・
「土鍋でご飯と鯛を一緒に炊き上げ、後で身をほぐしてご飯と混ぜ込む」
というものですよね?
なのですが、これが違うのですね。

普通に炊いたご飯に、鯛のそぼろ、卵の黄身と白身を別々に裏ごししたもの、ネギ、わさびなどの薬味を乗せ、上からお出汁をかけてお茶漬けのようにいただくお料理なのです。
写真はこちらにあります。


このお料理は、松江藩主・松平不昧公がオランダ料理からヒントを得て考案したお料理とのこと。
これが、なかなかおいしいのです。
淡白なイメージだけど、お出汁がかなりおいしくて味はしっかり。
2膳分あったご飯がすっかり胃に収まってしまいました。

今回の法事にいらした親戚の方々も、広島や福岡と関西出身の方々が多く、この「皆美」というお店は向こうで有名なお店らしく、喜んでくださったようです。
我ながらナイスチョイスでした。

さらに私が良かったと思うのは。
食後にお薄のお抹茶とお菓子が出たこと。
これも松江藩主・松平不昧公が茶道に造詣が深かったらしく、その影響かな?
今まで和食を食べに行って、ラストにお抹茶が出たことはないので、これもまたとても印象が良かったです。

日本人なのに、なかなか敷居の高い日本食のお店。(って思いません?)
ここはいろいろと使えそうなお店です。

-----------
日本橋 皆美
Tel:日本橋皆美
Adr:中央区日本橋1丁目4−1日本橋一丁目ビルディングコレド日本橋
[PR]
by zima_555 | 2008-07-02 00:56 | そとごはん(その他)

霞町 すゑとみ(西麻布)

やっとアップすることが出来ました。
5月1日の入籍1年目の記念日。
入籍0年目記念日(入籍した日)に伺った和食、「霞町 すゑとみ」再訪しました。
相変わらず白木のカウンターが美しいです。
しばらく前なので結構わすれてる。すいません。

f0014355_23255568.jpg

突き出しは柏の葉にくるまれた3品。
確か、これは蛤だったかな?
とても味が濃くておいしかったことを覚えてる。

f0014355_23271967.jpg

平らな盆にもられたものは、季節のつつじで飾られていました。
左上がうに、このわたとジュンサイ、ホタルイカの木の芽和え、左下がタケノコの山椒和えでした。
ウニは本当に良いもの使ってますね。あまいです。
ホタルイカもぷりぷりだし、このわたは焼酎が進んで進んで・・・。

f0014355_23302463.jpg

ここでちょこっと盛られたふきとじゃこのご飯、そして、カニとウドの葛かけ。
ふきがとても良い香りでした。
カニはどうしたらこうしっとり甘くできるのか。
葛の柔らかさが絶妙ですね。

f0014355_23322785.jpg

お刺身はボタンエビ、イカ、あと失念。
面白いのが、左に紫蘇の身とともにあるのが塩こぶ。
醤油ではなく塩こぶをお刺身に乗せていただきました。
これが、とんでもなく甘みを引き出すのですね。新しい発見。

f0014355_2334433.jpg

タケノコの揚げ浸し、そして、空豆にからすみをまぶしたもの。
タケノコは柔らかく、でも揚げてあるので香ばしく。
シンプルだけれども主張した一品でした。
空豆とからすみ・・・。あー。焼酎が・・・進む。

f0014355_23355811.jpg

お椀はアイナメ。
本当に薄味。
でも、胃がふーっと呼吸する安心感。
ダンナはこれが一番おいしいと言っておりました。

f0014355_233726.jpg

私はこの太刀魚の味が忘れられません。
脂の乗った季節の太刀魚。しっかりとした味で、しかし甘い。
これ、また食べたい!!

f0014355_23382730.jpg

ご飯は今回も桜えびの炊き込みご飯。
ちゃんと土鍋で炊いていただけるので、おこげがおいしくておいしくて。
お腹いっぱいなのに、なんでこんなに入るんでしょ。

f0014355_23392231.jpg

デザートは桜餅。
この塩気と甘み。ぺろっとなくなりました。

2度目の訪問ですが、印象は同じでした。
上品で控えめ。直後の印象は結構薄い。
しかし、しばらくするとまた食べたくなる。
これはどう評価したらよいのでしょう?
でも、多分また行きそう。
ごちそうさまでした。
----------------
霞町 すゑとみ
Adr:港区西麻布4-2-13 八幡ビル3F
Tel:03-5466-1270
[PR]
by zima_555 | 2008-06-10 23:43 | そとごはん(六本木・麻布・広尾)

京都 Macrobiotic Style なかがわ(京都)

f0014355_073114.jpg
f0014355_07467.jpg

奈良旅行3日目は京都ということで、一度伺ってみたかった、京都 Macrobiotic Style なかがわさんへ。
私のブログを始めた頃からずっとブログを拝見してました。
じま的にもマクロビオティックは興味があるものの、ちゃんとしたマクロビオティックというものに直に触れたことがなかったので、今回京都へ行くと決めた時に真っ先にこちらに伺おうと決めました。

南禅寺からだらだらと歩いてたどり着き、おいしいおばんざいとおいしい玄米をいただきました。
ズッキーニを焼いて、バルサミコをかけたものはシンプルですが、甘みと酸味が凄くマッチしてました。
野菜っておいしいですね。
そして、私の感動は玄米でした。
「玄米ってこんなにおいしいんだ。」
と一口いただいて思った次第です。
ふかふかで甘みが強くて、でもしっかりと歯ごたえがある。
歯ごたえがあるから、しっかりと噛み締めて甘みをよりいっそう味わえる。
玄米はいろいろと楽しめる食材だと認識しました。
マクロビオティック。
もっと深く勉強したいと思います。

zenemonさん。ごちそうさまでした。
また京都へ行った際は、伺わせていただきます。
[PR]
by zima_555 | 2008-05-13 00:19 | そとごはん(その他)

すし 菊地(神泉)

f0014355_16194377.jpg
f0014355_1619566.jpg
f0014355_1620781.jpg
f0014355_16201679.jpg
f0014355_16213574.jpg

2月1日のお誕生日の次の日。
神泉にある「すし菊地」に行ってきました。
先日挙げた、今年行きたい店リストには入っていないお店。
実は、某コミュニティサイトにも等々力の「すし処 會」のネタを挙げたら友人や先輩から「すし菊地もいいよ!」
というコメントをいただきました。
なんでしょう。冬だからでしょうか、それとも年を取ったのか。
しっぽりとおいしいものをいただきたい欲が最近アップしてきまして。
さっそく予約を取っていってきました。

神泉駅から少し歩きます。
中華「文琳」の横を抜けて旧山手通りにぶつかったところにあります。
(ここら辺の道はさっぱり。地元であるダンナに任せっきりでした。。。)

席はカウンター12席ほど。
テーブル1席ほどの小さいお寿司屋さんですが。
19時に伺ったときはほぼ満席でした。
今回も會同様、お任せでおつまみを出していただきました。
・生ずわいとずわいのみそ和え
・やりいかとつぶがい
・かわはぎ 肝醤油
・中トロと一本釣りのアジ
・焼き牡蠣と生牡蠣
・雄のししゃも
・あんきも
・ホタテの磯部巻き
・子持ちこんぶ
・イワシつみれの大葉巻き

どれもレベルが高いです!
カワハギの肝醤油が絶品でした。何でもこれにつけて食べたい!
つぶがいは塩とレモン。こりこりで美味。
あと、ししゃもね。雄なので卵はないですが、この身の厚さと味の濃さ。
焼き加減も絶妙でほこほこしております。

さんざんおつまみをいただいて、その後お寿司を。
・イワシ
・平貝のあぶり
・イカの耳
・コハダ
・アジ
・穴子(たれ&塩)
握りは極力しゃりが少なめでとても上品。
コハダは〆具合がばっちり。コハダ大好きのダンナが感激していました。
私は平貝が好みでした。こりこりした歯ごたえと、かめばかむほど甘みがでる。
あぶりだからよけいに甘いんですね。
ここは穴子が自慢のようで、その通りかなりおいしかった。
特に塩が。しゃりと穴子が口の中でとろ〜っととろけるのですよ。

先日の會と今回の菊地はどちらも個性があるなと感じました。
會はおつまみにがかなり独創性がある。
白子バターとかウニご飯とか。
菊地はどれもシンプルでオーソドックス。けれど、インパクトが強い。
どちらもとてもおいしい。
おもしろいですね。
こういう違いを知ると、もっとお寿司屋さんに行きたくなる。
まだまだ寿司歴が短いですが、これからもっと開拓できたらいいなー。
ん〜。日本人に生まれてきてよかったわー。

そして、かえろうとしたとき私たちの前でずっと握ってくれて板さんが
「お誕生日なんですね。これをどうぞ。」
といって、きれいに咲いた梅の花の小枝をそっと渡してくださいました。
ん〜〜〜〜〜!!!すてき!!!
とてもいい香り!ありがとうございまいた。
家に帰って、小さいコップに挿して久しぶりに一眼で写真を撮りました。

ダンナも「落ち着くねぇ。」と満足そうでした。
こちらこそ満足。ごちそうさま。ありがとう。

-------------------
すし菊地
Adr:渋谷区神泉町10-12 ダイヤモンド商事ビル1階
Tel:03-3780-3934
[PR]
by zima_555 | 2008-02-03 16:55 | そとごはん(代官山・中目黒)

すし処 會(等々力)

f0014355_23412442.jpg
f0014355_23413445.jpg


早速ですが、picot-picotさんにトラックバック!
picot-picotさんのブログでこのお店を知ってからというもの、いつか行こうと心に決め、今回のクリスマスディナーにうかがうことにしました。
やっといけました!!すし処 會。

一度散歩途中にお店の前を通ったことがあったので、場所だけは何とか知っていましたが、おすしを食べたいばっかりに、お店がどんな感じなのかまったくリサーチせずに伺いました。
入ってびっくり。意外と広いんですね。

さて、どういう攻め方をしようか悩みました。
お酒の飲めないだんなと一緒なので。
しかし、ここはうまいと言われるお刺身をいただかねば。
ということで、お刺身、小鉢をお任せでいただくことに。
・突き出しはマグロの煮付け
・寒ブリ
・車えび
・金目鯛(軽くあぶったもの)
・白魚のから揚げ
・牡蠣
・すずき(アンキモのたれ)
・焼き白子(たら)
・ほっき貝(肝バター?)
・サヨリのユッケ風(2枚目左下)

いやー。うまい。
金目鯛のあぶりは絶品でしたね。甘い甘い。
寒ブリのあぶらは激しく甘い。
小鉢系で何が美味しいって、焼き白子。
小さい土鍋にバターでジュージューに焼かれたところに、なんとポンッとご飯を無造作に入れてくれました。
ワタクシ、白子はあまり得意ではないのでこれはダンナがもらったものですが。
いやー。なんでしょう。グラタンですね。ベシャメルソースのグラタンです。うまいっ!

写真にはないですが、赤・黄・緑の万願寺唐辛子を焼いたもの、この季節なのに京都のたけのこの刺身などもいただきました。
どれもこれも料理も丁寧でそして美味しい。

そして、その後お寿司をいただきました。
残念なことに、一番左の席に通されたのでネタがあまり見えませんでした。
なので、食べたいものを言っていただくことに。
・こはだ
・いわし
・たいら貝
・アジ
・いか
・いくら(小鉢てんこ盛り)

どれも美味しいですが、私はなんと言ってもいかが美味しかった。
どこまでも甘くて甘くて。
あんまりお寿司でイカを食べないのですが、食べてみたら大正解。
久しぶりに美味しいイカをいただきました。
これ以外にも赤身、中トロもいただきました。
ダンナはこれにシジミ汁。
わたしはビール、ビール、くじら、くじらとお酒も突っ走らせていただき、二人でお会計20000円弱。
新鮮なネタに、おいしいお料理。
これだけ食べて一人10000円は安かろーとオモイマス。(しょっちゅうはいけませんが。)
また記念日とか某ナス支給後とかに来たいですね。

それにしても、このおすし屋さんはいろーんな料理が出てくる。
隣の若いカップルは
「ここの小鉢が好きなんです!」
と、お寿司はほとんど食べずに延々と小鉢を作ってもらってました。
ワタシもいろいろといただきましたが本当に美味しく、しかもいろいろと出てくるしで、本当にお隣の小鉢に目移りしてしまう。
もうおなかいっぱいで、
「次に来たときはあれを食べてやるっ!(ないかもしれないけど)」
と思いながらお店を後にしたわけです。

しかし、あんな住宅街にありながらもお客さんが途絶えない。
素敵な素敵なお寿司屋さんです。
もう、リピート間違いなし。

picot-picotさん!ありがとうございました!

-------------------
すし処 會
Adr:世田谷区等々力2-34-5
Tel:03-5706-3646
[PR]
by zima_555 | 2007-12-28 00:12 | そとごはん(その他)

生しらす丼

f0014355_0194328.jpg
ブラジルに長期出張している友人が見たら卒倒しそうな画像をアップしてみました。
意地悪ですな。

春は生しらすがおいしい季節。
土曜は王様のブランチを見ていたら急に蒲田の湘南食堂に行きたくなったのでランチに行ってみました。
案の定「本日生しらすあります」の札が入り口に。
もちろんいただいたのは生しらす丼。

生姜をしょうゆにちょいちょいとといて上からかけて、卵の黄身をぷちっと割ってかき込みます。
ん~。やっぱりおいしい。
ほんのり春の苦味。
春は山菜だけじゃなくても苦味を感じられます。
それに黄身がまろやかにして、生姜醤油できっちりしめます。
ご飯もちょうどいい酢飯。
さすが魚介を売りにしている湘南食堂。
お味噌汁もお出汁のたくさん出たアサリ汁。
言うことなしです。
ご馳走さまでした。

---------------
湘南食堂
Adr:大田区蒲田5-24-6 第2オギノビル
Tel:03-5703-3131
[PR]
by zima_555 | 2007-05-14 00:20 | そとごはん(その他)

霞町 すゑとみ(西麻布)

f0014355_23215523.jpg
f0014355_23222590.jpg
f0014355_23223198.jpg
f0014355_23223761.jpg
f0014355_23224312.jpg
f0014355_232258100.jpg

お久しぶりです。
私事で恐縮ですが、5月1日に入籍しました。
6月に結婚式を控え、いろいろと忙しくブログの更新を怠っております。
すいません。

さて、その結婚0周年記念日ということで、2人で1番行きたかった西麻布にある和食「霞町 すゑとみ」へ行ってきました。
ここは「分とく山」出身の末冨氏が開いたお店です。
以前「東京カレンダー」だったかな?
とってもおいしそうだったのでずっと行きたかったのです。
西麻布のビストロ通りから少し小道に入ったビルの3F。
カウンターに10席とテーブル席が1つの小さいお店です。

お電話で予約したときに12000円のコースと15000円のコースのどちらかを選択します。
今回は12000円のコースをお願いしました。

・渡りガニとウニと叩きオクラの葛よせ
・お饅頭のあんかけ
・八寸(フルーツトマトの出汁浸し、グリンピースの出汁浸し、穴子の寿司などなど)
・マグロとカレイのお刺身
・竹の子の揚げ出し
・サクラマスを焼いたもの
・桜海老の炊き込みご飯
・蓮根餅
・いくつかは忘れました・・・

お饅頭のあんかけは何のお饅頭か忘れましたが、中には鴨肉のひき肉が入っていました。
これは食べた瞬間に「鴨肉じゃないとだめだね。」というような感じ?
味・香り・こくのバランスは豚ではない、牛ではない、鴨が一番しっくりくると感じるとてもおいしい一品でした。
サクラマスは脂が適度に乗っていて風味も抜群。
ビール、焼酎、日本酒とどんどんお酒が進んでしまいました。

桜海老のご飯はとても香ばしく、ほんのり塩気と鼻に抜ける海老の香が最高でした。メチャメチャおいしい!!
デザートの蓮根餅はアズキが練りこまれていています。
ほんのちょっと入っている塩が甘さを引き出していてこれもまた最高に美味でした。
お持ち帰りして家でも食べたいよぅ!

食後に少し末冨氏とお話する機会があって
「今日入籍したんです。」
とお話すると、
「そういうことはもう少し早く言ってくださいよ~。」
と、シャンパンをサービスしてくださいました。
ありがとうございました。ご馳走さまでした。

全体的にとっても「上品」なお味です。
上品すぎてそれぞれの印象が少し薄い気もしますが、これは好みですけどね。
小さいお店ですが白木のカウンターテーブルは広くて居心地がよく、ゆったり食事がしやすいです。
とても素敵なお店でした。

場所柄、周りはやっぱり業界人っぽい人ばっかりでした。
何とかデザイナーとか、なんとかの先生とか。(どんだけ耳ダンボやねん。。。)
やっぱり西麻布ですなぁ。

ということで、おいしく幸せな記念日になりました。
また特別な日に伺いたいと思います。

-------------------
霞町 すゑとみ
Adr:港区西麻布4-2-13 八幡ビル3F
Tel:03-5466-1270
[PR]
by zima_555 | 2007-05-06 23:25 | そとごはん(六本木・麻布・広尾)

湘南食堂(蒲田)

f0014355_9214230.jpg
f0014355_9215229.jpg
私の所属しているプロジェクトの後輩Oちゃんが突然他のプロジェクトに引き抜かれることになってしまった。
4人しかいないこのプロジェクト。
そこから抜かれてどうするよ!
もー!政治力ないんだから!プロジェクトマネージャー!

と、文句を言いつつも、たくさんのプロジェクトで色々な経験をして欲しいとも思うので「がんばって!」の気持ちをこめてプロジェクトメンバーでOちゃんの壮行会をしてあげました。
いつも会社の飲み会となると近所のローカルな居酒屋なのだけれど、動きやすい4人ということでたまには美味しいものを食べましょうって話になり(勝手にそういうことにしたのは私です)、じまセレクトの蒲田の「湘南食堂」へ行ってきました。

このお店は本当に新鮮で美味しいお刺身がいただける私の大好きなお店。
海に囲まれた島に住んでるのに本当に美味しいお刺身ってなかなか食べられない。
ここは敷居も高くない居酒屋なのだけれど、しっかり美味しいお魚料理を提供してくれる貴重なお店なのです。
蒲田って東京のはしっこで目立たない土地ですが、「歓迎」にしろ「ミ・レイ(ベトナム料理)」にしろ結構美味しいお店があって侮れないのですよ。

写真は「湘南盛り」と「生しらす」。
なんと、私が一番食べたかった生しらすがお通しで出てくるとはびっくり。
この生しらすがなんともいえなく美味なのです。
ちゅるっとした食感、ほんのり感じる苦味とおろし生姜が絶妙。
春の一時期だけかと思っていたら、まだこの時期でもいただけるんですね~。

湘南盛りは湘南食堂おまかせのお刺身の盛り合わせ。
この日は大トロが乗ってました。
とろっとろで美ー味ー(うーまー)!!!!
サザエもこりっこりで美ー味ー(うーまー)!!!!
日本人に生まれてよかったとおもう瞬間ですね。

上司のHさんも
「まともな刺身を出す店だねぇ。」
と満足してくれたご様子でよかったですわ。

この後Oちゃん、ボンズとともにダーツへ。
01マスターアウトやって、ラスト71残しで7トリ&ブルであがりました。
ふっふっふ。勝ったぜ。ボンズ。

さて、今日が終われば待ちに待った夏休みです。
特に旅行とかは行かないけど、だーらだーらして、実家で猫と戯れて、友達と飲んで、フレンチ食べにいって、六郷土手に花火見に行って、DVD見て、散歩して、麻布十番のお祭行っておわりかなー。

皆さんも良い夏休みを!!

---------------------------
湘南食堂
Adr:大田区蒲田5-24-6 第2オギノビル
Tel:03-5703-3131
[PR]
by zima_555 | 2006-08-11 12:16 | そとごはん(その他)


最新のトラックバック
韓国ドラマ無料動画
from 韓国ドラマ無料動画
貸し倉庫収納トランクルー..
from 貸し倉庫収納トランクルームレ..
柳屋の「たい焼き」
from まろまろ記
prevedkolleg..
from prevedkollegam00
zlobnyimarmi..
from zlobnyimarmik22
alikmurtazae..
from alikmurtazaev21
velocheropka01
from velocheropka01
水曜どうでしょう
from http://free7.l..
昨日の飲み会! 
from ユッキーのハッピーライフ♪
from モグモグ食べたい!
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧