じまのいぶくろまっちょ


今年もたくさん食べるよ!
by zima_555
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のブログ
食べログの「ブログランキング」にも参加しています!
食べログ グルメブログランキング

タグ:フレンチ ( 18 ) タグの人気記事

コム・ダビチュード(三宿)

f0014355_23303978.jpg
f0014355_23305286.jpg
f0014355_23311062.jpg
f0014355_23312863.jpg
f0014355_23313728.jpg

本日、会社がお休みでして。
平日にお休みなんてほとんどないので、優雅に平日ランチでもしたいナーということで。
ダンナと二人でランチに出かけてきました。

数日前からいくつか候補に上がったレストランの最新情報をネットで探していると、結婚する前にダンナと行ったフレンチ「コム・ダビチュード」が中目黒から三宿に移転したとのこと。
新しいお店に行ってみたい!!ということで早速予約して行ってきました。

場所は世田谷公園の並び。ちょっと池尻よりです。
以前はオープンキッチンで広めのレストランでしたが、今回は座席数15名くらいととても小さいレストランになっていました。

今日は先週末の雨とは打って変わって晴天。
先日の新婚旅行のときといい、なんて天晴れな夫婦なんでしょうかね。
池尻大橋駅から246をぷらぷら散歩しながら到着しました。

一番奥の窓際の席でとても明るくて気持ちがいい。
ダンナは直射日光が当たって暑そうでしたけど・・・。

さて、いただいたお料理は前菜1品、主菜1品、デザート&コーヒーで2800円のコース。
前菜は「秋刀魚のムースとキノコのマリネのゼリー仕立て」。
主菜は「仔羊肉のロースト、栗のスープ仕立て」。
デザートは「イチジクのコンポート」。

秋刀魚のムースはぜんぜん生臭くなく、スパイシーでレバーパテのような感じ。
ほわほわで美味でした。
子羊は柔らかーで、味もしっかり。香りもしっかり。ほんのり赤みが残っている火入れの度合いは私好みでした。
栗のスープはあまり栗っぽさがなくて残念でしたが、スープの甘みと上に載っているベーコンの塩気が非常にマッチしていて、ずっと食べていたい感じでした。
やわらかいキャベツのソテーも塩味と歯ごたえが絶妙でうれしい。
コンポートは普通ですね。美味しいコンポートです。
一緒についていたアイスはバニラですが、多分卵白がたくさん入っているのかな?
とても軽くてすすすっと胃に収まってしまいました。

ランチは主菜1品で1000円台からのコースから前菜2品、主菜2品の5000円台のお任せコースまで5種類ほど。
どんなおなかの状態の人でも入り安いし、ふらっと気軽に立ち寄れる雰囲気の素敵なお店でした。

それから、こちらのパンは全て自然酵母の自家製パン。
今回はバゲットと黒ゴマのパンでしたが、バゲットが酵母の香りが高くとーっても美味しかったです。

んー。夜にも着てみたいのですが、場所的に難しいかなー。
以前のお店ではチーズの種類がものすごく豊富にあった記憶があります。
今もあるのでしょうか?
また美味しいお料理と美味しいチーズをワインとともにいただいてみたいです。

さて、余談ですが。
日曜日は銀座におりまして、コアビルの上のBookFirstで本を見ていたら、三谷幸喜が現れました。
そして、今日はレストランを出た後、ふらふらと中目黒を抜け代官山のヒルサイドパントリーに。
そしたら、ヒルサイドパントリーの店内のイートインスペースで三国連太郎がお茶してました。
んー。渋い週末です。

-------------------------------
コム ダビチュード
Adr:世田谷区池尻2-7-4 ナオミアパート1階
Tel:03-3487-7686
[PR]
by zima_555 | 2007-11-12 23:36 | そとごはん(学芸大学)

クレッソニエール(新宿)

f0014355_02579.jpg
f0014355_0102691.jpg
f0014355_0103457.jpg
f0014355_0104211.jpg
f0014355_0105154.jpg

先日、新宿に用事があったので、久しぶりに新宿でランチでも。
「あ、あそこ行こうよ!!! えーっと、えーっと・・・」
↑年のせいで思い出せない。
とやっていると、
「あー、ビストロね。いいよ。」

・・・なぜわかる。恐ろしきかな我が夫。

ということで、久しぶりにクレッソニエールに行ってきました。
ここは渋谷の「コンコンブル」の姉妹店。
同じタイプのランチを提供しています。
ここのランチは1プレート。
プレートにはサラダ、メイン、パン、スープ、コーヒー(後で注いでくれます)が一度に乗せられて出てきます。
かなりぎゅーぎゅーに乗せられているので、食べている最中にナイフやフォークをどこにおいて良いか戸惑うのですが、
お味はなかなか美味しいし、これで1000円はかなりリーズナブルで重宝しているご飯処なのです。

今回もいつもの通り限定の「トマトの挽肉詰めのロースト」
いつもこれにはトロットロのマッシュポテトがついてきて、それが美味で大好きなのですが、今回はピラフでした。
ちょっと残念ですが、これはこれで美味しかったんでOKっす。
トマトの中に入っている挽肉にはふんだんにチーズが混ぜ込まれていてこくを増していてとても美味しかった。
スープはコーンポタージュ。
甘ーいポタージュは胃に染み渡りますな。
あまりここではお酒を飲まないのですが、ランチワインが200円という激安価格(こういうのに弱い庶民っす)だったので白ワインを。
これは、ちょっと甘すぎで私には合いませんでした・・・。残念。

このお店は伊勢丹のお向かいのビル。
この日は雨だったのですが、新宿ってここまで地下道が続いてるのでまったく雨にぬれずに行くことができました。
便利ですね~。
ということで、またしばらくしたら伺います。

-------------------
クレッソニエール
Adr:新宿区新宿3-4-8 セゾンプラザB1
Tel:03-3350-4053
[PR]
by zima_555 | 2007-10-09 00:12 | そとごはん(新宿)

ノミの市(恵比寿)

f0014355_21322649.jpg
f0014355_21392649.jpg
f0014355_21334174.jpg
この日は朝早くからダンナが中目黒の美容院に行くというので、
「恵比寿か中目でランチしよう!」
ということに。

いろいろと悩んだ結果、友人悪P師匠がお勧めしていた恵比寿の「ノミの市」に行くことに。
恵比寿東口からZESTの前をひたすら歩き、蟻月とトシ・ヨロイヅカの道に入って少し歩いたところにあります。
(この説明の仕方、わかる人にしかわからないか・・・)

ランチは前菜・メイン・デザート(orチーズ)で1600円。(食後のコーヒーは+300円)
いただいたのは豚舌と豚足のゼリーよせ・仔羊のトマト煮込み・タルトタタン。
ここ、うまいっすね。
ゼリー寄せはコルシニョンも入っているので、酸味も効いているし、塩加減も抜群。
トマト煮込みはものすごいトロトロです。大好きな白いんげんも入っていてGOOD。
ほんのり温かいタルトタタンにバニラビーンズのたっぷり入ったアイスを乗せていただくのは極楽ですなー。
食後に少し赤ワインが残っていたのでデザートとチーズとかなーり悩んだのですが、りんごの季節になったのでタルトタタンがひじょーに食べたくなってしまいました。
あと、グラスワインがなかなか美味しかった。
グラスワインは500円なのだけど、なかなかそのお値段で美味しいグラスワインを出すところってないですね。
白ワイン、ヴィニウスと似た味がしました。

で、ブログのために写真をバシバシ撮っていると、店員の女性が
「私も最近カメラ買ったんですよ~!」
と話しかけてくださいました。
それからしばらくカメラ談義。
私も来週からの新婚旅行のために現在カメラ撮影の練習中ですが、彼女も旅行のために練習とのこと。
「できた写真見せてくださいね~。」
といってくださったので、本ブログをご紹介しちゃいました☆
見てくれてるとうれしいな~。
また行きますね~!

ちょっと駅から遠いですが、その分人も多くなくてゆっくり食事ができますね。
この季節はテラス席での食事も気持ちがよさそうだし。
悪P師匠。美味しいお店、ご紹介ありがとうございました!

----------------------------
ノミの市
Adr:渋谷区恵比寿2-5-8サンクォーレ恵比寿1F
Tel:03-5420-3691
[PR]
by zima_555 | 2007-10-07 21:43 | そとごはん(恵比寿)

ル・ブルギニオン(六本木)

f0014355_133082.jpg
シュー生地の中にリエットを詰めたもの&にんじんのムースとコンソメジュレ
f0014355_133784.jpg
フォアグラとうなぎのテリーヌをカツレツにしたもの&アイナメのソテーと鶏のお出汁のスープ
f0014355_1331316.jpg
シャロン産鴨グリエと季節のお野菜&チーズ
f0014355_13121948.jpg
母のお誕生日スペシャルデザート&サツマイモのモンブラン
f0014355_1332910.jpg
赤ピーマンのプリン&プチフール

先日は私の母のお誕生日のお祝いということで六本木にあるフレンチ「ル ブルギニオン」へ行ってきました。

ここは以前、赤坂にあるチャイニーズレストランに食事に行った際に、そのレストランのオーナーさん(超グルメ!!)がおいしいと絶賛していたお店。
しかしその後、行きたいと思いつつもしばらく行けず。

で、去年のクリスマスに妹が
「いいレストランを紹介して」
というので、下見へ行ってきてもらいました 行ったことはないがおいしいと噂のお店ということで紹介したのでした。
結果、妹も大絶賛!
それを聞いた母が「行きたい!」と言い出した・・・という経緯で今年のお誕生会はこちらになりました。

こちらはコースのみ。
予め予約の際にコースを選択するスタイルです。
最近プリフィクスばかりだったのでこういうスタイルは久しぶりだな。

さて、いただいたお料理は7000円のコース。

アミューズ:シュー生地の中にリエットを詰めたもの
前菜1:にんじんのムース&コンソメのジュレ(間には生うにが入ってます)
前菜2:フォアグラとうなぎのテリーヌをカツレツにしたもの
主菜(魚):アイナメのソテーと鶏のお出汁のスープ
主菜(肉):シャロン産鴨グリエと季節のお野菜
デザート:サツマイモのモンブラン
プチフール:内容ど忘れ

(はい、一緒に行った方、フォローお願いしますね。)

こんなシューをアミューズに出す店あったなぁ・・・。
どこだっけ・・・、って思い出した。
新橋の「レストラン S」だ。

そちらのシューはパリッとした感じだったけれど、こちらはしっとり。
中にずっしり詰まったリエットはねっとりしていておいしい。
うまみが十分に詰まっていて、鼻からス~っとその甘みがいい香りとなって逃げていく感じ。

にんじんのムーズは極上に甘い。
にんじん本来の甘みがふんだんに溢れてます。
中のうには新鮮で臭みもないので、かえってにんじんの方が勝っている感じ。
それらとコンソメのジュレとのコンビネーションは抜群。
口の中の温度でほろほろとろけていく感覚をずっと楽しみたい。

フォアグラとうなぎのテリーヌのカツレツは少し火を通しすぎな感があったけれども、ほんのりスパイシーでコースの流れのいいアクセントになってました。

アイナメのソテーは絶品!!
パリッとしたアイナメの皮を鶏のスープに浸して楽しむ。
香ばしい香とすんだスープがよく合います。
味はいたってフレンチなのだけれども、このタイミングで和の汁物を感じさせる一品はほっこりさせます。

鴨のグリエは火入れ最高!
一緒に盛られた野菜は付け合せなんて言えないくらい存在感ありでおいしい。
ここは野菜の使い方がうまいです。
野菜のおいしいレストランは好きです。

すっかりワインがなくなってしまったのだけれども、チーズがあったので1種類いただきました。
結構塩辛いチーズだったのだけれども、とてもフィグ入りのパンとの相性が良かった。

デザートはサツマイモのモンブラン。
モンブランの下には甘く炊いたお米のデザートが敷いてありました。
妹の頼んだ赤ピーマンのプリンが面白かった。
本当に赤ピーマン凝縮の味なのだけれどおいしいんだなぁ。

プチフールはチーズのお菓子。
この入れ物はフランスに特注したらしい。かわいいね。

今回6人で行ったのだけれどお酒が飲めるのが4名ということで、ずっと1種類のワインで通したいのでしっかり目の白ワインをオーダー。
出していただいた白ワインは私のイメージ通りでした。さすがです。

ここは申し分ないですね。
とてもおいしい。
母もとても喜んでいるようで良かった。
またつれてきてあげよう。

お店自体はとても小さくてアットホームな感じ。
ギャルソンの人たちもとても親切で良いです。
一軒家で道路からは小さいお庭を挟んでの建物なので静かに食事が出来る。
また1つ素敵なレストランを見つけました。

ごちそうさま。

------------------
ル・ブルギニオン
Adr:港区西麻布3-3-1
Tel:03-5772-6244
[PR]
by zima_555 | 2007-04-03 13:08 | そとごはん(六本木・麻布・広尾)

ル・ゴロワ(青山)

f0014355_10231463.jpg

f0014355_10232159.jpg
f0014355_1023295.jpg
f0014355_10233473.jpg
f0014355_10234518.jpg
f0014355_10235561.jpg

今週はちょいと外苑前に用ありだったため、木曜に有給を取りました。
そういう時こそいつもはできない平日ランチ!
おいしいものをいただきたいなということで前から気になっていたお店に行ってきました。
気になっていたお店というものの、行った事のいないお店ではないのです。
以前、表参道のロイホ近くにあった「ル・ゴロワ」がキラー通りに移転したとの情報を雑誌で入手。
(最近、いろいろなお店がキラー通り近辺に移転しているような気がするのは私だけ?「えさき」もそうだし・・・)
以前のお店のときに一度伺って、とてもおいしくて再訪したいとかねがね思っていたのです。
出かけ先が外苑前ということだったのでやっとお邪魔することが出来ました。

前のお店はカウンターのみの小さいお店でしたが、今回はテーブル席もたくさん出来て、とてもキラー通りに向かって大きい窓がある開放的なお店になっていました。
けれど、前の「ル・ゴロワ」の趣をそのまま残すようにカウンター席もしっかり用意されていましたよ。

ランチは3種類のコース
・前菜1種+主菜1種の2000円台のコース
・前菜1種+スープ+主菜1種の3000円台のコース
・前菜1種+主菜2種(肉&魚)の4000円台のコース

前菜・主菜は4種類ほどの中から選択できます。
スープは2種でした。

今回は真ん中のコースをいただきました。
まず、前菜は厚岸産牡蠣とトマトのパイ(+400円)。
どっさり野菜のサラダの上に載っています。
これ、めちゃウマでした。
牡蠣の磯の香りとバターの風味でうまみたっぷり。
そこにトマトのフレッシュな酸味とサクサクなパイの食感。
鼻に抜ける香りが豊富でいつまでも楽しみたい感じです。
レタスの下にはちょうどよくグリルされたにんじんやズッキーニ、ポワローねぎなど。
野菜の甘みもしっかり楽しめました。

スープはにんじんのムースにフレッシュトマトのクーリー。
とろ~りクリーミーなにんじんのムースをさっぱりトマトで引き締めていました。
さらさらさら~っと胃袋へ流れていってしまいました。

主菜は私の大好きな子羊のロースト。
フィンガーボールも用意されていましたが、ナイフとフォークでさらっとさばける位やわらかく、羊の香りもちょうどいい。
ここにはローストした根菜類が豊富に添えられてとてもバランスのよいお皿でした。

デザートはオーソドックスにブランマンジェイチゴのソース。
イチゴのソースはとてもフレッシュで酸味が利いているので、おなかいっぱいなところにもするする~っと入っていく。
罪なデザートです☆

母のデザートがとってもおいしそうだったので写真をパチリ。
グレープフルーツのプリンです。
(たしか、これ、ここの名物だった気がします・・・)
カラメルが苦くておいしい!そしてプリンの生地がクレームブリュレのように濃厚でした。
しかし、フレッシュグレープフルーツと一緒にいただかなかったのが残念。
このプリンとフレッシュグレープフルーツとのマリアージュってどうなんでしょう?
気になります!

ん~。かなり夜も期待できますね。
こちらも先日私のヘビーリードしている「しずる!写真グルメガイド」さんに載っていました。
(それもあって、かなり行きたい度がアップしたってのもあります。)
今回はテーブル席もあるので、次回はディナーに大人数でわいわい楽しみに来たいと思います。

それから、味とは別ですが。
ギャルソンのお兄様が西島秀俊似の超イケメンさんでした。
これもまた再訪する価値あり??

---------------------
ル・ゴロワ
Adr:渋谷区神宮前2-3-18
Tel:03-3404-0820
[PR]
by zima_555 | 2007-02-24 10:25 | そとごはん(青山・表参道)

クー・ド・マサ(柏)

f0014355_18282865.jpg
f0014355_18283683.jpg
f0014355_18284236.jpg
f0014355_18285443.jpg
f0014355_1829043.jpg

ご無沙汰しております。
10月末からしばらく忙しくしておりまして、本ブログをずいぶんとお休みさせていただいておりました。
現在も忙しいのには変わりがないですが、やっと腰を据えてブログが書ける環境が整ってきたので、少しずつですがまた記事を書いていこうかと思います。
今後とも「じまのいぶくろまっちょ」をよろしくお願いします。

さて、復帰第1発目は都心の方には申し訳ないですがプチ地方の情報で。
場所は千葉県柏市。わが実家のある土地でございます。

私は柏市民を20年位やっていたわけですが、正直な話をしますと柏にはおいしいお店が少ないです。
柏には私の知り合いがやっているお店も数店あったりして、そちらのお店はじま的にレベルが高いお店と思います。
が、正直おいしいお店が「少ない」のが現状だと思ってます。

そんな中、ヘビーリードしてる55aiaiさんのブログ「じぶん日記」を覗いたところ、なんとあの柏にフレンチがあると書いてあるではないですか。
(というか、おいしいもののために柏まで来る55aiaiさんがすごいと思う。)
しかも信頼度の高いブログ「じぶん日記」に載っているのであれば、これは行かねばならないでしょう!
ということでいつもの如く食に関しては行動力絶大のじまです。
先日実家に帰る用事があったので早速父、母、祖母を引き連れて行ってまいりました。
父に地図を見せるとなんとうちから車で10分。ナーーーーイス!!
てか、うちの父も母もそんなところにフレンチがあるなんてまったく知らなかったようです。

さて、レストランの名前は「クー・ド・マサ」。
お料理のスタイルはお任せコースが2種類。3800円と4800円。
オーソドックスなフレンチと異なり、日本料理の懐石料理に近く、ポーションの少ないお皿がたくさんサーブされます。
3800円のコースは7皿、4800円のコースは10皿。それぞれその後にデザートとコーヒーがつきます。

今回は4800円のコースにしました。
メニューは以下の通り(正式な名前は失念)
・牡蠣のソテー
・生野菜とバーニャカウダ
・松坂牛のミニどんぶり
・セップ茸と温泉卵のサラダ
・豆乳のフランにコンソメスープ
・ホタテのタルタル
・きのことチーズのパスタ
・カニのソテーかぼちゃのペースト添え
・タラのカマのグリル(?)
・茨城産無菌豚のあぶり焼き
・デザート(写真失念!なにしてんねん!)

すべてのお皿において満足しました。
中でも
・カニのソテーかぼちゃのペースト添え
・茨城産無菌豚のあぶり焼き
が非常においしかったです。

カニにはポワロー(普通の長ネギかな?)が薄く巻かれていて、香ばしく焼かれています。
その苦味ときれいに裏ごしされた甘いかぼちゃがとてもよくあうのです。
1本じゃ足りない!!(笑)
無菌豚はなんと目の前の暖炉で焼いてくれます。
焼いている最中から薪のいい香りが漂ってきて食欲をそそります。
生でもいただける上質な豚なのでレア状態でサーブしていただきました。
これがまたやわらかく、そして臭みもない。
肉の味がしっかりしていて甘いです。
口に入れた瞬間にスモークの香りが鼻に抜けます。
暖炉で一緒に焼いた野菜をお肉でくるっと巻いて食べるとよりいっそう甘みが膨れます。
さらにバルサミコのソースが引き締められ、とてもバランスのよいお皿でした。

お皿にはフォーク・ナイフ・お箸が添えられていて、どれを使っていただいてもよいということ。
すべて小さく切られた状態でサーブされるのですべてをお箸で通していただくことも可能です。
これはフレンチが苦手な方でも問題なくいただけますね。
全体的にあっさり目なので10皿でもすっと胃におさまるし、食後にもたれることはまったくありませんでした。
祖母もぺろっと平らげてました。
私の父はこってりしるぎる食事は苦手で、フレンチに関してもあまり興味のない人ですが、このレストランはいたく気に入ったようでした。
母も「柏のグルメなお友達もきっとここを知らないし、絶対好きなはず!」などといって、早速お友達を連れて2月に予約を取ったそうです。
(私に似て(?)行動力ある母親だよなぁ・・・)

ご家族だけで経営されているレストランなので、席数が16名と限られていたり、仕入れの関係上前日までには予約しなければならないですが、アットホームでとても素敵なレストランでした。
リピート確実なレストランです。

お店の方も「じぶん日記」の存在をご存知だったので、そのうちこちらの記事までたどり着いてこられるかもしれませんが1つだけ気になったことを。
うかがった日はランチだったのですが少し曇っていて暗めの天気でした。
お店は窓がとても広くて開放的で明るいのですが、ウェイティングスペースまでひ日の光が届かずに少し暗いのが気になりました。
たとえ使用していない場所でも通り道になるので暖かな色のライトを少し照らしておいて下さるともっと雰囲気がでてよいと思います。

-----------------------
クー・ド・マサ
Adr:千葉県柏市戸張950-14
Tel:04-7167-2277
[PR]
by zima_555 | 2007-02-02 18:30 | そとごはん(その他)

シェ・ピエール(乃木坂)

f0014355_14523726.jpg
またまた更新サボってました。
皆様夏休みはいかがお過ごしだったでしょうか。
私は実家に帰って、その後早々と東京の自宅に戻り、だーらだーら過ごしていました。
その間、ランチを食べに行ったり、作ってみたり、飲みに行ってみたり、お祭行ったりと色々したので、しばらくは夏休みに撮りためた写真をアップしていこうと思います。

夏休みはまず久しく行っていなかった乃木坂のシェ・ピエールのランチに行きました。
ここはとあるプロモーション会社の社長さんに教わったお店でかれこれもう10年近く通っています。
オーナーのピエールさんに久しぶりにご挨拶しようかと思ってたらフランスに帰省されてました。残念。

ここのランチは3800円でかなりボリュームがあってGOODです。
ランチは写真右上のオードブルの盛り合わせ、左下のメイン、右下のデザートが通常なのですが、この季節はフランスのモンサンミシェルからムール貝を空輸されてるらしく、オードブルをムール貝に変更することも可能です。
春はホワイトアスパラのサラダにしてもらうこともできたかな?確か。
うちらは・・・変更じゃなくて両方いただいちゃいました(^^:)
オードブルを少し控えめにしてもらいましたが・・・。

ムール貝は小ぶりで味が濃厚。
身もぷりっとしてます。
ここのオードブルはボリュームがあって、たくさんの種類のパテやらテリーヌやらハムが乗っているので見た目も舌も大満足!
この日のメインはお魚で。
なんとか鯛(なんだっけなぁ?)のライムソース。
ソースの中にちらっと見えるグリーンがライムピール。
レモンピールよりももっとさわやかな味と香が夏っぽくていいですね。
お魚の皮もパリパリで歯ごたえにアクセントがあってナイス。
とてもあっさりといただけました。
デザートはバナナとココナッツのタルト。
ココナッツのサクサク感が気持ちの良いタルトでした。
どれも安心できるお味です。

シェ・ピエールはとても古いブラッスリー。
日曜のお昼にはカウンターに1人赤ワインを楽しむ常連の老人がいたりと長く長く人に愛されてるフレンチです。

奇抜な盛り付けや変わった素材の組み合わせはありません。
とてもオーソドックスでしっかりとしたフレンチを提供してくれます。
いまや日本では東京にいればいろいろな形の美味しいフレンチに出会えますが、やっぱり最終的にこういう基本のフレンチに戻ってしまうのだなーとシェ・ピエールに来るたびにつくづく思うのです。

乃木坂駅の青山霊園側出口を出て右に折れて50m程歩いた右側にある小さなブラッスリー。
私もこれからも長く長く通いたいと思います。

---------------------
シェ・ピエール
Adr:港区南青山1-23-10
tel:03-3475-1400
[PR]
by zima_555 | 2006-08-22 15:07 | そとごはん(六本木・麻布・広尾)

オストラルが閉店??

picot-picotさんの「オストラル」が閉店し、「ガニエール」から新屋シェフが去る。」を見てびっくり。

銀座のフレンチの名店「オストラル」が閉店とのこと!
既に去年の年末あたりに閉店していたと!
し、しらなかったぁ・・・。
そして、悲しすぎる・・・。

「オストラル」はかれこれ6年くらい前にネットで見つけて気になって、母に教えて一緒に行き、共にめっちゃ感動したお店。
それから大ファンだった。
(大ファンとは言え、お高いのでそうそういけませんが・・・)
あの名物の手の込んだテリーヌがもういただけない。
つらーい!!!

去年の夏も家族でランチを食べに行きましたよ。
コースだって言うのに母は
「前菜だけはあのテリーヌに替えてください!」
なんてわがままを言うくらい母もあのお料理は大好きだったし。

私と妹iセンセ&うららとワゴンサービスのデザートを
「あれもたべたーい!これもたべたーい!でも太っちゃーう!!」
なんて迷いまくっていると、ギャルソンの方が私たちの耳元でこそっと
「誰にも言いませんから、たくさんお選びください。」
なんて小気味のいいサービスをしてくれたのを思い出す。

とっても気持ちよく食事のできるいいレストランだったのに何でだろう?
去年の春(確か3月ぐらいだったと思うけど)銀座バーニーズのはいっている交詢ビルに移ったのだが、これがいけなかったか?
交詢ビルのレストランブースは閑古鳥が鳴いているとか、そんなことがネットではチョコチョコ書いてあるな。
あそこの出店でかなり負債を抱えたか。
思いのほか客が入らなかったのか。
実は私ももともとの並木通りの店構えの方が好きだった。
小さいけれど適度に一体感があって落ち着くインテリアだったし。
でも、昔からの客だったらどこにオストラルがあったって行くだろうしなぁ。

うーむ。
みんなどれも憶測でしかないので本当の理由はわからず。
もう一度あの感動的なテリーヌに再会できるようにまたどこかに復活してくれることを願
うしかないですね。
本当に残念。
[PR]
by zima_555 | 2006-07-07 13:02 | そのた


最新のトラックバック
韓国ドラマ無料動画
from 韓国ドラマ無料動画
貸し倉庫収納トランクルー..
from 貸し倉庫収納トランクルームレ..
柳屋の「たい焼き」
from まろまろ記
prevedkolleg..
from prevedkollegam00
zlobnyimarmi..
from zlobnyimarmik22
alikmurtazae..
from alikmurtazaev21
velocheropka01
from velocheropka01
水曜どうでしょう
from http://free7.l..
昨日の飲み会! 
from ユッキーのハッピーライフ♪
from モグモグ食べたい!
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧